ニュース

三重、まん延防止要請へ 四日市対象で検討

2021/4/26 11:45

 三重県は26日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、まん延防止等重点措置の適用を近く政府に要請すると正式に決めた。対象区域は感染者の増加が顕著な四日市市とし、他の市町についても政府と調整する。

 会議では県独自の「緊急警戒宣言」を改定し、県内全域で飲食店に午後8時までの営業時間短縮を新たに要請することも決めた。期間は26日〜5月11日。県民には、県内の移動についても必要性や安全性を慎重に検討するよう求める。

 鈴木英敬知事は記者会見で「なるべく早期に重点措置を要請したい」とした上で、時短要請など「重点措置を先取りした措置を県独自でやる」と述べた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 大阪の接種会場、最大1日5千人 (5/9)

     政府は、新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの1日当たりの最大接種人数について、大阪会場は5千人とする方向で調整に入った。24日の開設当初は困難とされた東京会場での1万人の接種もめどが立った...

  • 入国者の出発前検査実態を把握 (5/9)

     政府は新型コロナウイルスの水際対策として全ての入国者に求めている出国前検査の実態把握に乗り出した。「陰性」と判定された検査証明書があるにもかかわらず、入国時の検疫で「陽性」と判明する事例が相次いでい...

  • 五輪日本選手団へ無償ワクチン (5/7)

     菅義偉首相は7日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックで各国・地域の選手団に無償提供される米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンに関し「日本の選手団にも接種する方向になるだろう」と述べた。一般...

  • 外相会合、国際秩序維持で一致 (5/7)

     茂木敏充外相は7日午前(日本時間同日午後)、ポーランドの首都ワルシャワで、東欧4カ国の外相との会合を開いた。東欧への影響力を拡大する中国をにらみ、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の維持が重要だ...

  • 小池都知事「感染抑止を最優先」 (5/7)

     東京都の小池百合子知事は7日夜、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が延長される今月12から31日の間も、千平方mを超える百貨店や大型商業施設などへの休業要請を独自に継続する方針を表明した。「徹底し...