ニュース

iPS血小板、治験開始へ 2年後の実用化目指す

2021/4/26 12:21

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の臨床応用を目指すベンチャー企業「メガカリオン」(京都市)は26日、iPS細胞から作製した血小板を投与し「血小板減少症」という病気の治療を目指す治験を今年秋にも始めると明らかにした。安全性や効果が確認できれば、2023年にも実用化したいとした。

 血小板減少症は、血小板が不足し、正常に止血できない病気。治験には京大で作製し品質を確かめた上で備蓄してあるiPS細胞を、血小板を作り出す細胞「巨核球」に成長させ、得られた血小板を投与する。10人程度に参加してもらう予定。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 神戸、死者まとめて121人公表 (5/18)

     神戸市は18日、これまで公表していなかった新型コロナウイルス感染の死者121人をまとめて発表した。感染者急増で保健所の業務が追いつかず、死者公表が遅れていた。兵庫県では18日、この121人を含め12...

  • 大阪509人感染、33人死亡 (5/18)

     大阪府は18日、新型コロナウイルスに509人が感染し、感染者33人が死亡したと発表した。府の累計の感染者は9万5666人、死者は2014人になった。 感染者が千人を切るのは10日連続だが、感染者数、...

  • 台湾総統、7月中に国産ワクチン (5/18)

     【台北共同】台湾の蔡英文総統は18日、新型コロナウイルス感染対策として「7月末までに最初の国産ワクチンを提供したい」と表明した。台湾では今月中旬以降、市中感染が拡大。蔡氏はワクチン提供の見通しを明確...

  • 「救急搬送困難事案」5週ぶり減 (5/18)

     総務省消防庁は18日、患者の搬送先がすぐに決まらない「救急搬送困難事案」が10〜16日の1週間に、県庁所在地など52の消防で1804件あったとの集計を公表した。前週(3〜9日)より260件少なく、5...

  • インド、累計感染2500万人超 (5/18)

     【ニューデリー共同】インド政府は18日、新型コロナウイルスの累計感染者が約2522万9千人となり、1日当たりの死者が過去最多の4329人となったと発表した。累計感染者が2500万人を超えるのは米国に...