ニュース

公選法条文ミスで法制局長が謝罪 参院、罰則不存在を2年以上放置

2021/4/26 13:15

 参院議院運営委員会は26日の理事会で、一部の罰則が存在しない状態だった公選法の条文ミスを参院法制局が2年以上放置していた問題を巡り、川崎政司局長から経緯を聴取した。川崎氏は「大変申し訳なかった」と改めて謝罪した。各党からは関係者の処分を求める声が出ている。

 2018年の公選法改正では、規定の追加と繰り下げに伴う罰則の手直しがなされず、条文にずれが生じた。総務省が同年12月、作成を担当した参院法制局に不備を指摘したものの、法制局は今月中旬まで与野党に報告していなかった。

 条文ミスは、自民党が参院の定数6増を強行した改正により発生した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 医療法案、委員会採決また見送り (5/18)

     自民、立憲民主両党は18日、医療法などの改正案採決を巡って協議し、参院厚生労働委員会で同日中の採決を見送ることで合意した。三原じゅん子厚労副大臣が13日の委員会を遅刻した問題に野党側が反発したためで...

  • 沖縄、緊急宣言の要請判断先送り (5/18)

     沖縄県は18日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、政府に緊急事態宣言の対象地域への追加を要請するかどうかの判断を先送りした。飲食店への酒類提供の自粛要請を検討する県方針に経済界から強い反発が出...

  • 「イスラエルと共に」撤回せず (5/18)

     中山泰秀防衛副大臣は18日の参院外交防衛委員会で、イスラエルとパレスチナの戦闘を巡り「私たちの心はイスラエルと共にある」と記して波紋を呼んだ自らのツイートについて、取り消さない考えを示した。「撤回す...

  • 入管法改正、今国会断念へ (5/18)

     政府、与党は18日、外国人収容と送還のルールを見直すため今国会に提出した入管難民法改正案を取り下げる方針を決めた。施設収容中だったスリランカ人女性死亡事案の映像開示を法務省が拒んでおり、立憲民主党な...

  • 首相「責任痛感、真摯に反省」 (5/18)

     「政府を代表して、皆さんに心よりおわび申し上げます」。約5秒間、深々と頭を下げた。国の賠償責任を認めた建設アスベスト(石綿)訴訟の最高裁判決から一夜明け、菅義偉首相が18日、原告らと面会、謝罪した。...