ニュース

B型肝炎の再発患者救済、最高裁 発症20年超、起算点を見直し

2021/4/26 23:15
 集団予防接種によるB型肝炎患者の救済を巡る訴訟の上告審判決で、「逆転勝訴」の垂れ幕を掲げる弁護士。左から3人目は原告の平野裕之さん=26日午後、最高裁前

 集団予防接種によるB型肝炎患者の救済を巡る訴訟の上告審判決で、「逆転勝訴」の垂れ幕を掲げる弁護士。左から3人目は原告の平野裕之さん=26日午後、最高裁前

 集団予防接種が原因のB型肝炎を発症し、再発した福岡市の平野裕之さん(62)ら患者2人が国に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は26日、「発症から20年で賠償請求権が消滅した」として請求を棄却した二審福岡高裁判決を破棄し、再発時を起算点にすべきだとした。その上で、損害額を算定するため審理を福岡高裁に差し戻した。国に対する賠償請求権が消滅する「除斥期間」(20年)の起算点が争われていた。

 4人の裁判官全員一致の意見。三浦裁判長は「迅速かつ全体的な解決を図るため、救済に当たる国の責務が適切に果たされることを期待する」と述べた。


この記事の写真

  •  集団予防接種によるB型肝炎患者の救済を巡る訴訟の上告審判決のため、最高裁に向かう原告の平野裕之さん(前列左から2人目)ら=26日午後、東京都千代田区
  •  最高裁判所=東京都千代田区

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 遺族、法相と面会へ (5/18)

     名古屋出入国在留管理局(名古屋市)の施設収容中に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)の遺族が、上川陽子法相と18日に面会することが分かった。関係者が17日、明らかにした。遺族は...

  • スーツケース内に遺体、滋賀 (5/18)

     17日午後2時15分ごろ、滋賀県彦根市薩摩町で、男性(83)が琵琶湖岸にスーツケースが打ち上げられているのを見つけ、中から人の腕のようなものが見えると市職員に連絡した。市から通報を受けた県警が遺体と...

  • 中国艦3隻、沖縄通過し太平洋へ (5/17)

     防衛省統合幕僚監部は17日、中国海軍のミサイル駆逐艦など計3隻が沖縄本島と宮古島の間を通過し、東シナ海から太平洋に入ったのを確認したと発表した。東シナ海では11〜17日の日程で、海上自衛隊と米仏豪各...

  • 大阪のひきこもり、4万人超 (5/17)

     大阪市は17日、市内のひきこもりの人に関する実態調査結果を発表した。15〜64歳を抽出して調べたところ、推計で約4万1千人に上った。若年層(15〜39歳)全体でひきこもりの人は2・07%、中高年層(...

  • ヤングケアラーに家事支援 (5/17)

     家族やきょうだいの世話を担う18歳未満の子ども「ヤングケアラー」の支援を目指す厚生労働省と文部科学省は17日、幼いきょうだいをケアする子どものいる家庭に対し、家事や子育てを支援する制度を整備する方針...