ニュース

コロナ「後方支援病院」に協力金 大阪、一般病床への移転促す

2021/4/26 20:49

 大阪府は26日、新型コロナウイルス感染症から回復し退院基準を満たしたが、体力が戻らないなどの事情で引き続き療養が必要な人を受け入れる「後方支援病院」に協力金を支払う緊急事業を始めた。一般病床への移転を促し、コロナ対応用の空き病床を増やす狙い。宿泊療養中の患者への医療支援体制も強化する。

 26日からは当面、コロナの病状が治まった患者を受け入れた医療機関や、コロナ専用病棟で受け入れていた患者を一般病棟に移した病院には、患者1人につき20万〜40万円の協力金を支払う。

 府は医療機関に対し、感染症法に基づく要請をし、計1100床の病床積み増しを図っている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 立民・共産、内閣委を途中退席 (5/14)

     立憲民主党と共産党は14日の衆院内閣委員会を途中退席した。国内の新型コロナウイルス感染状況を「さざ波」と表現した内閣官房参与の高橋洋一嘉悦大教授の出席がなければ審議できないと主張した。退席後、立民の...

  • 「分科会の機能発揮」と厚労相 (5/14)

     田村憲久厚生労働相は14日の記者会見で、政府の基本的対処方針分科会の議論を踏まえ、北海道、岡山、広島を緊急事態宣言の対象に加える方針について「分科会の機能を発揮いただいた。内閣として尊重するのは当た...

  • 「個人の見解」と防衛相 (5/14)

     岸信夫防衛相は14日の記者会見で、イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとの戦闘に関する中山泰秀防衛副大臣のツイッター投稿に関して「議員個人としての見解だ。防衛省としてのコ...

  • 休館要請「丁寧な説明を」 (5/14)

     萩生田光一文部科学相は14日の記者会見で、緊急事態宣言の対象地域で自治体が政府方針より厳しい独自の措置を取り、文化施設への休館を要請する場合は「その必要性について自治体からの丁寧な説明が必要だ」と注...

  • まん延防止5県追加へ (5/14)

     政府は13日、新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置の適用対象に群馬、石川、岡山、広島、熊本の5県を追加する方針を固めた。5県への適用期間は16日から6月13日までとする見通し。北海道が求めた...