ニュース

ペルー人の在留認めず判決確定 母子国外退去巡る訴訟

2021/4/26 21:37

 大阪出入国在留管理局から国外退去を迫られたペルー国籍の女性(54)らが、強制送還されると日本で生まれ育った長女(19)と長男(17)の成長が阻害されるとして、国に在留特別許可を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(岡村和美裁判長)は、親子の上告を退ける決定をした。23日付。訴えを退けた一、二審判決が確定した。

 一、二審判決によると、女性と夫は1990年代に他人名義の旅券で別々に来日。子ども2人は日本で生まれ育ったが、夫が2011年に入管難民法違反容疑で逮捕され、家族全員に強制退去処分が出された。取り消しを求めた訴訟では15年に敗訴が確定した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • ALS嘱託殺人、医師らに逮捕状 (5/12)

     筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者への嘱託殺人罪で医師2人が起訴された事件を巡り、うち1人の父親を殺害した疑いが強まったとして、京都府警が12日、殺人容疑で医師ら3人の逮捕状を取ったことが捜査関係者へ...

  • 生活保護減額は「適法」 (5/12)

     生活保護の基準額引き下げは生存権を保障する憲法に違反しているとして、福岡県内の受給者84人が国や自治体に引き下げ処分の取り消しなどを求めた訴訟の判決で、福岡地裁(徳地淳裁判長)は12日、「厚生労働相...

  • 報酬決定「全く関与せず」 (5/12)

     元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(67)の役員報酬を過少に記載したとして、金融商品取引法違反罪に問われた元代表取締役グレゴリー・ケリー被告(64)の初の被告人質問は12日午後も東京地裁で続いた。...

  • 原発避難で早産と東電提訴 (5/12)

     東京電力福島第1原発事故で避難生活を余儀なくされたため早産となり、体重千グラム未満の「超低出生体重児」として生まれた女児に知的障害などの後遺症があったとして、母親と女児が東電に計約4500万円の損害...

  • 「軍事協力が高度化」と仏大使館 (5/12)

     自衛隊と米国、フランス、オーストラリア各国軍は九州や東シナ海で離島防衛訓練を始めた。在日フランス大使館は、インド太平洋の各国との協力関係が向上しているとして「共同訓練は歴史的なイベント。軍事協力が高...