ニュース

がんの10年生存率、59・4% 大規模データで初算出

2021/4/27 11:03
 がん種別の生存率

 がん種別の生存率

 国立がん研究センターは27日、2008年にがんと診断された人の10年後の生存率が59・4%だったと発表した。全国で専門的ながん治療を提供する病院の患者約23万8千人の大規模データを初めて使って10年生存率を算出した。

 これまでは、先駆的な治療を提供するがん専門病院の患者データを基に10年生存率を算出しており、少しずつ向上してきた。今回の生存率と単純比較できないが、04〜07年にがんと診断された人の10年生存率の58・3%を上回っている。

 今回は全国の「がん診療連携拠点病院」など240施設の患者のデータを扱っており、より正確に状況を反映しているという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京、新たに854人感染 (5/14)

     東京都は14日、新型コロナウイルスの感染者が新たに854人報告されたと明らかにした。直近7日間を平均した1日当たりの人数は926・3人となり、前週比は120・9%。累計は15万925人となった。 都...

  • 政府、コロナ緊急事態3道県追加 (5/14)

     政府は14日、新型コロナウイルス感染症対策の専門家らによる基本的対処方針分科会を開き、北海道、岡山、広島の3道県を緊急事態宣言対象に追加する方針を決めた。当初はまん延防止等重点措置の対象に群馬、石川...

  • 企業内接種、今月下旬にも開始 (5/14)

     河野太郎行政改革担当相は14日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンを巡り、早ければ今月下旬にも企業内での接種が始まるとの見通しを示した。経済3団体などと意見交換した結果として言及した。承認申請中...

  • 国産手術ロボットを遠隔で実演 (5/14)

     愛知県の藤田医大は14日、国産手術支援ロボット「hinotori(ヒノトリ)」を使った模擬遠隔手術を公開した。豊明市の大学施設に設置したロボットを、約30キロ離れた藤田医大岡崎医療センター(岡崎市)...

  • ワクチン接種後、コロナ報告数減 (5/14)

     国立感染症研究所が14日、国内で新型コロナのワクチンを接種した医療従事者では、接種して約12日後から新型コロナ感染症の発症の報告が減ったとの分析結果を明らかにした。接種後14日目以降の発症は、接種後...