ニュース

世界遺産・知床に春の訪れ 横断道路が開通

2021/4/27 16:32
 知床横断道路が開通し、車を見送る関係者=27日、北海道斜里町

 知床横断道路が開通し、車を見送る関係者=27日、北海道斜里町

 世界自然遺産の北海道・知床で、積雪のため通行止めになっていた知床横断道路(国道334号)が27日に開通し、知床にもようやく春が訪れた。路面凍結の恐れがあるため、5月下旬ごろまで夜間の通行規制を行う。

 横断道路は知床半島西側の斜里町と、東側の羅臼町を結ぶ。この日、斜里町側には開通を待つ車が約30台並んだ。

 開通前の安全祈願祭で知床斜里町観光協会の野尻勝規会長は「昨年は新型コロナウイルスの影響で観光客が半減した。感染対策をしっかりと取り、今年は少しでも多くの人に来ていただけるようにしたい」と話した。

 横断道路が通る知床峠周辺はうっすらと雪に覆われていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • ストリップの灯絶やさぬ (5/6)

     5月をめどに閉館予定だった九州唯一のストリップ劇場「A級小倉劇場」(北九州市小倉北区)の経営が引き継がれ、存続することが決まった。経営者木村恵子さん(69)を翻意させたのが、ファンの「これからも続け...

  • 連休最後も交通機関は閑散 (5/5)

     新型コロナウイルスの感染拡大「第4波」のゴールデンウイークは5日、最終日となった。東京と関西の計4都府県には緊急事態宣言が発令中。鉄道や空の便、高速道路の各交通機関では、コロナ禍の前のような大きな混...

  • コロナ禍の中、伝統の闘牛大会 (5/4)

     鹿児島県・徳之島の伊仙町で4日、伝統の闘牛大会が開かれた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、運営者は観客数の制限などの感染対策を徹底。コロナ禍の生活が続く中で無事に開催され、観客は「リフレッシュで...

  • 思いとどまった人の写真集 (5/4)

     崖に独り座り、海をじっと見詰める人―。福井県坂井市の観光名所「東尋坊」で自殺を思いとどまった人たちの姿を収めた写真集を、防止活動に取り組む団体が出版した。「皆、声を掛けてくれるのを待っている」。思い...

  • 日蘭有志が外国人捕虜追悼碑建立 (5/4)

     第2次大戦中、長崎市幸町にあった「福岡俘虜収容所第14分所」に収容され、病気や米国の原爆投下などで命を落とした外国人捕虜たちの追悼碑をオランダ人元捕虜の遺族や長崎の被爆者らの有志が建立し、同市の長崎...