ニュース

全国のホームレス、過去最少に 厚労省、引き続き注視

2021/4/28 17:28

 厚生労働省は28日、全国の公園や河川敷で生活するホームレスの人は1月時点で3824人だったと発表した。前年同月から168人減少し、2003年の調査開始後、最も少なかった。担当者は「ここ数年では減少幅が小さい」とするが、新型コロナウイルス禍で雇用情勢は悪化しており、同省は住まいを失う人が増えないかどうか引き続き注視する。

 調査は、市区町村の担当者が公園や河川敷、駅などを巡回し目視で確認した。その場にいなかった人は含まれないため、実際にはさらに多い可能性がある。

 男性3510人、女性197人、性別を確認できなかった人が117人だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 9日の人出、全国7割超で減少 (5/9)

     NTTドコモがまとめた9日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街の計95地点のうち、7割超の68地点で前週2日を下回った。ゴールデンウイーク期間中だった前週より外出する人が減ったためとみられる。...

  • 母パンダに若竹プレゼント (5/9)

     和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は母の日の9日、10頭の子を出産した20歳のジャイアントパンダ良浜に、好物の若竹とカーネーションの花をかたどったニンジンをプレゼントした。昨年1...

  • 日本一遅い桜開花、稚内と釧路 (5/8)

     気象庁は8日、北海道稚内市と釧路市でエゾヤマザクラが開花したと発表した。気象庁の全国の桜観測地点で最も遅い開花確認。那覇市で1月4日にヒカンザクラが開花してから約4カ月で、桜前線は国内最北の標本木が...

  • 離島の子にも母の日の花を (5/8)

     花屋のない離島の子どもたちに、母の日に渡すためのカーネーションを贈ろうと、母の日を翌日に控えた8日、鹿児島市で花屋を営む田知行義久さん(73)から、鹿児島県三島村の竹島に花束が届けられた。「母親に感...

  • 「日本バレエの母」没後80年 (5/8)

     1917年のロシア革命から逃れ、日本に亡命したバレリーナ、エリアナ・パブロバが亡くなって今年で80年となり、横浜市中区の外国人墓地で8日、追悼行事が開かれた。戦前に日本初のバレエ学校を開き、多くの門...