ニュース

低気圧通過で大雨警戒 東、北日本の太平洋側

2021/4/29 8:12
 気象庁=東京都港区

 気象庁=東京都港区

 気象庁は29日、東日本から北日本の太平洋側では30日にかけ、雷を伴った大雨の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。前線や低気圧に暖かく湿った空気が入る影響で大気が不安定になると見込まれ、土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に備えを求めている。西日本も寒気のため、落雷や突風に注意が必要だ。

 気象庁によると、29日は前線を伴う低気圧が九州の西から東日本へ移動。30日には発達しながら三陸沖を北に進み、北海道を通過する。低気圧の西側には強い寒気が入る見通し。

 30日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で東海250ミリ、関東甲信150ミリ、東北100ミリ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 遺族、法相と面会へ (5/18)

     名古屋出入国在留管理局(名古屋市)の施設収容中に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)の遺族が、上川陽子法相と18日に面会することが分かった。関係者が17日、明らかにした。遺族は...

  • スーツケース内に遺体、滋賀 (5/18)

     17日午後2時15分ごろ、滋賀県彦根市薩摩町で、男性(83)が琵琶湖岸にスーツケースが打ち上げられているのを見つけ、中から人の腕のようなものが見えると市職員に連絡した。市から通報を受けた県警が遺体と...

  • 中国艦3隻、沖縄通過し太平洋へ (5/17)

     防衛省統合幕僚監部は17日、中国海軍のミサイル駆逐艦など計3隻が沖縄本島と宮古島の間を通過し、東シナ海から太平洋に入ったのを確認したと発表した。東シナ海では11〜17日の日程で、海上自衛隊と米仏豪各...

  • 大阪のひきこもり、4万人超 (5/17)

     大阪市は17日、市内のひきこもりの人に関する実態調査結果を発表した。15〜64歳を抽出して調べたところ、推計で約4万1千人に上った。若年層(15〜39歳)全体でひきこもりの人は2・07%、中高年層(...

  • ヤングケアラーに家事支援 (5/17)

     家族やきょうだいの世話を担う18歳未満の子ども「ヤングケアラー」の支援を目指す厚生労働省と文部科学省は17日、幼いきょうだいをケアする子どものいる家庭に対し、家事や子育てを支援する制度を整備する方針...