ニュース

3月発射の2発、600キロ飛行 北朝鮮弾道ミサイルで韓国分析

2021/4/29 10:54
 3月25日、北朝鮮が発射した「新型戦術誘導弾(ミサイル)」(朝鮮中央通信=共同)

 3月25日、北朝鮮が発射した「新型戦術誘導弾(ミサイル)」(朝鮮中央通信=共同)

 【ソウル共同】北朝鮮が3月25日に日本海に向けて発射した2発の弾道ミサイルについて、韓国の徐旭国防相は29日までに、飛行距離は当初日韓が推定していた約450キロではなく、600キロ程度だったと判断していることを明らかにした。ミサイルが高度をいったん下げた後、再び上昇する「プルアップ」と呼ばれる変則軌道で飛距離を延ばしたと説明した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は発射翌日の3月26日、2発の「新型戦術誘導弾(ミサイル)」が朝鮮半島から600キロ沖の日本海の水域に設定した目標を正確に打撃し、「低高度滑空跳躍型飛行方式の変則的な軌道特性」が実証されたと主張していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 米メキシコ、移民流入抑止で連携 (5/8)

     【ワシントン共同】ハリス米副大統領は7日、隣国メキシコのロペスオブラドール大統領とオンラインで会談した。中米3カ国からメキシコを経て米国に入る不法移民が急増していることを受け、3カ国の経済問題などに...

  • エルサレム聖地で衝突 (5/8)

     【エルサレム共同】イスラム教とユダヤ教双方の聖地「神殿の丘」(イスラム名ハラム・アッシャリーフ)にあるイスラム教礼拝所「アルアクサ・モスク」周辺などエルサレムの数カ所で7日夜、パレスチナ人とイスラエ...

  • 米、元警官4人を連邦法で起訴 (5/8)

     【ニューヨーク共同】米中西部ミネソタ州ミネアポリスの黒人男性ジョージ・フロイドさん=当時(46)=暴行死事件で、連邦大陪審は法の名の下に意図的に人権を侵害したとして、連邦法に基づきデレク・ショービン...

  • ロ反体制派「良心の囚人」再認定 (5/8)

     【モスクワ共同】国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは7日、不当に拘束された人を意味する「良心の囚人」にロシアの反体制派ナワリヌイ氏を再び認定すると発表した。「(収監中のナワリヌイ氏に対する...

  • 米ロ首脳会談の実現に自信 (5/8)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領は7日、就任後初めての外遊となる6月の欧州訪問に合わせたロシアのプーチン大統領との首脳会談について「まだ詳細は固まっていないが、実現できる自信はある」と述べ、調整を...