ニュース

子どもの心ケア新拠点、福島県 「あと20年は支援必要」

2021/4/29 15:20
 「ふくしま子どもの心のケアセンター」で業務に当たる公認心理師ら=29日午前、福島市

 「ふくしま子どもの心のケアセンター」で業務に当たる公認心理師ら=29日午前、福島市

 東京電力福島第1原発事故の影響などで心の不調を抱える子どもを支援するため、福島県は「ふくしま子どもの心のケアセンター」を29日に新設した。所長に就いた福島県立医大の矢部博興教授は、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故被災者の心理的研究を例に挙げ「最低あと20年はケアが必要だ。センターは重要な役目を担う」と強調した。

 センターは福島市の福島学院大内に設置。学校や市町村からの要請を受け、常勤の公認心理師ら専門家が、支援を必要とする子どもや保護者を訪問し、相談に応じる。

 原発事故が心の病の原因かどうか分からない子どもにも効果的に支援できるようにした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 男性6000万円寄付、横須賀 (5/17)

     神奈川県横須賀市の市役所庁舎で17日午後2時15分ごろ、高齢男性が名乗らずにリュックサックを市職員に渡し、立ち去った。職員が中身を確認すると、現金6千万円と「何かの役に立ててください、寄付します」と...

  • ゾウ2頭死ぬ、食中毒か (5/17)

     千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」で、6頭のゾウが相次いで体調を崩し、うちアジアゾウの雌2頭が死んだことが17日、同園への取材で分かった。園によると、食中毒の疑いがあり、残り4頭は快方に向かってい...

  • IPC、パラ公式ゲームを発表 (5/17)

     国際パラリンピック委員会(IPC)は17日、パラリンピックをテーマとした初のスマートフォン向け公式ゲーム「ザ・ペガサス・ドリーム・ツアー」を6月24日から配信すると発表した。 ユーザーはゲーム内でア...

  • 列車混雑表現、新聞からスマホへ (5/17)

     混雑率180%は、スマートフォンの操作がしにくい状態―。国土交通省はこのほど、列車内の混み具合の表現を巡り、従来の「新聞が読めるかどうか」に代えて「スマホの操作のしやすさ」を公的な資料に初めて取り入...

  • とっとり花回廊でクレマチス見頃 (5/17)

     鳥取県南部町の県立フラワーパーク「とっとり花回廊」で、クレマチス約150品種の約300株が次々と見頃を迎えている。八重咲きやベル型など多様な形と色合いが来園者を魅了している。見頃は6月上旬まで。 ク...