ニュース

スイセンは有毒、食べないで! ニラと間違え食中毒に

2021/4/29 16:16
 葉の形が似ているニラとスイセン(山形県提供)

 葉の形が似ているニラとスイセン(山形県提供)

 「間違って食べないで!」―。新緑が鮮やかな季節。大型連休中、新型コロナウイルス対策の上で、気晴らしに散策に出掛ける人も多いだろう。こうした中、山形県は、有毒なスイセンを葉の形がよく似ているニラと思い込んで食べ、中毒になるケースがあるとして、注意を呼び掛けている。

 今月26日にも、山形県新庄市の70代男性と60代女性の夫婦が、「ニラ」として譲り受けたスイセンを食べ、嘔吐や頭痛といった食中毒症状が出た。

 スイセンには球根があり、ニラにはないなどの違いで見分けることは可能。

 また、食べられるニリンソウと有毒なトリカブトも、葉の形が似ていて間違いやすいという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 東北・新潟の情報発信拠点 (5/18)

     仙台ビルディングと河北新報社、第一広告社は18日、東北6県と新潟県の情報発信の拠点として、仙台市中心部の新仙台ビルディングに複合施設「クロスビープラス」を開設すると発表した。オープンは26日。 イベ...

  • JR九州、新幹線で荷物を搬送 (5/18)

     JR九州は18日、新幹線で荷物を搬送する「貨客混載」の事業を博多―鹿児島中央間で始めた。提携する佐川急便の宅配便や「みどりの窓口」で受け付けた荷物を運ぶ。当日配送のニーズに応え、車内の空いたスペース...

  • 京都タワーの大浴場、6月末終了 (5/18)

     JR京都駅前の京都タワーに入る大浴場が6月30日で営業を終えることが18日、運営する京阪ホテルズ&リゾーツ(京都市)への取材で分かった。同社によると、タワー開業の1964年から営業を続け、夜行バスの...

  • 松林再生に向け植樹完了、岩手 (5/18)

     東日本大震災の津波で被災した岩手県陸前高田市の景勝地・高田松原で18日、地元のNPO法人「高田松原を守る会」が松林再生に向けた植樹を行い、県が既に植えた分と合わせ、目標の計約4万本を植え終えた。 戸...

  • 金色のドジョウ展示中、山形 (5/18)

     山形県大江町の文化交流施設「やまさぁーべ」で金色のドジョウが展示され、来訪者の人気を集めている。新型コロナウイルスの影響で減少していた客足は、大型連休前の展示開始以降、コロナ禍以前を上回ることも。施...