ニュース

供給元、ブラジル衛生当局提訴 ロシアワクチン輸入申請不許可で

2021/4/30 2:15

 【モスクワ共同】ロシアの新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の供給元は29日、同ワクチンの緊急輸入申請を不許可としたブラジル国家衛生監督庁を名誉毀損で提訴すると明らかにした。ワクチンに関し「虚偽の情報」を広めたとしている。タス通信が伝えた。

 ブラジルの監督庁は26日、スプートニクVの安全性や有効性のデータ不足を指摘し、輸入申請を認めない決定をした。

 ロシアは昨年8月、世界初の新型コロナワクチンとしてスプートニクVを承認。輸出に力を入れており、ロシア直接投資基金(RDIF)によると、これまでに62カ国が承認した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 大規模接種センター、予約が殺到 (5/18)

     自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの予約受け付けは、初日の17日から希望者が殺到した。大阪会場分は午後1時の開始から約25分間で用意した約2万5千件全てが埋まった。取れなか...

  • 拒絶反応起こさずがん攻撃 (5/18)

     人工多能性幹細胞(iPS細胞)に遺伝子改変を加え、細胞の提供者から見て他人に当たる患者に移植しても拒絶反応を起こさずにがんを攻撃できる免疫細胞を作製したと、京都大の金子新教授(免疫再生治療学)らのチ...

  • 国内で新たに3680人感染 (5/17)

     国内で17日、新たに3680人の新型コロナウイルス感染者が報告された。東京419人、大阪382人、北海道372人、愛知362人など。死者は兵庫33人、大阪23人、北海道10人など全国で122人だった...

  • 架空情報でも接種予約可能 (5/17)

     自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの予約で、実在しない市区町村コードや接種券番号を使っても可能になっていることが17日、政府関係者への取材で分かった。 会場では、地元自治...

  • 大阪、第4波の施設内死亡25人 (5/17)

     大阪府は17日、高齢者や障害者向けの施設で新型コロナウイルス感染第4波の3月1日から5月12日までに102件のクラスター(感染者集団)が発生し、高齢者施設で25人が入院治療を受けることなく施設内で死...