ニュース

仏、コロナ規制を4段階で緩和 5〜6月、観光も再開へ

2021/4/30 9:36
 29日、パリのエリゼ宮の前で報道陣に話をするフランスのマクロン大統領(AP=共同)

 29日、パリのエリゼ宮の前で報道陣に話をするフランスのマクロン大統領(AP=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は、国内に導入した新型コロナウイルス対策の規制を5〜6月に4段階で緩和する方針を明らかにした。5月19日に全商店や飲食店のテラス営業、美術館、映画館などを再開、6月9日から外国人観光客を受け入れる考え。パリジャン紙などが29日、インタビューを報じた。

 流行「第3波」の抑制を踏まえ、原則として国内一斉に規制緩和を進める考えだが、地域ごとの流行や医療体制の状況次第で、規制を一部で維持する可能性もある。

 政府は既に5月3日から日中の外出規制を解除する方針を発表済み。6月30日には夜間外出禁止も解除する。


この記事の写真

  •  29日、新型コロナウイルス対策で閉店したパリのレストラン(ロイター=共同)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 逃げ場なし「次は自分か」 (5/19)

     【カイロ共同】イスラエル軍の空爆が続くパレスチナ自治区ガザで、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)職員として働く吉田美紀さん(37)が18日までにオンラインで共同通信の取材に応じ「ガザに逃げ...

  • イスラエル南部で2人死亡 (5/18)

     【エルサレム共同】イスラエル軍は18日、パレスチナ自治区ガザへの空爆を続行した。ガザを実効支配するイスラム組織ハマスもロケット弾攻撃を続け、救助当局によると、イスラエル南部で2人が死亡した。ヨルダン...

  • 入管法成立断念に「うれしい」 (5/18)

     東京で暮らすミャンマー出身の女性センさん(44)=仮名=は、3回目の難民認定申請中だ。入管難民法改正案が原案通り成立すれば、送還の対象となる予定だった。国軍によるクーデターで母国の政情は混迷を極め、...

  • モロッコから移民流入、軍を展開 (5/18)

     【パリ共同】モロッコから隣接するスペイン領セウタへ17日に多数の移民が不法に越境した問題で、スペイン当局は18日、国境警備のため陸軍部隊を現場に展開した。当局によると、17日だけで約6千人が流入。1...

  • 中国大使、日米豪印「時代遅れ」 (5/18)

     中国の孔鉉佑駐日大使は18日、東京都内の大使館で共同通信と単独会見し、日米豪印の枠組み(クアッド)について「冷戦思考で100パーセント時代遅れ」と対中包囲網の構築を批判し、日本は対中と対米関係を「バ...