ニュース

米モデルナ製ワクチンが関空到着 「接種センター」で使用へ

2021/4/30 11:29
 日航機から降ろされる米モデルナ社製の新型コロナウイルスワクチンが入ったコンテナ=30日午前、関西空港

 日航機から降ろされる米モデルナ社製の新型コロナウイルスワクチンが入ったコンテナ=30日午前、関西空港

 米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ日航機が30日午前、ベルギーから関西空港に到着した。5月中の承認が見込まれ、政府は東京と大阪に設置を検討する大規模接種センターでの使用を想定している。田村憲久厚生労働相は同日の記者会見で「(モデルナの)第1便が着いた。承認されたらすぐ接種態勢に入る」と述べた。

 既に国内で接種が始まっている米ファイザー製は成田空港に順次到着しているが、関空でのワクチン受け入れは初めて。

 モデルナ製ワクチンは零下20度前後で保管が可能とされ、零下75度前後の超低温冷凍庫が必要なファイザー製より扱いやすいとされる。


この記事の写真

  •  モデルナのロゴと同社製ワクチンのイメージ写真(ロイター=共同)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 米、WHOに台湾の招待要求 (5/8)

     【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は7日、声明を発表し、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に対し、台湾を24日から始まるWHO総会にオブザーバーとして招待するよう要求した。新型コロナウイル...

  • ワクチン特許放棄より輸出を (5/8)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は7日、ポルトガルのポルトで非公式首脳会議を開き、新型コロナウイルスに絡む社会問題などを協議した。フォンデアライエン欧州委員長は米国がワクチン特許の一時放棄を支持...

  • WHO、中国製ワクチンを承認 (5/8)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は7日、中国医薬集団(シノファーム)の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。欧米以外で開発されたワクチンをWHOが承認するのは初めて。今後、発展途上...

  • 夏場所、4日目以降観客受け入れ (5/7)

     日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は7日、大相撲夏場所(9日初日・両国国技館)4日目の12日から定員の半分ほどに当たる上限約5千人の観客を入れて実施すると発表した。東京都で大規模イベントの...

  • ワクチン、2億5千万回分供給へ (5/7)

     厚生労働省は7日、米ファイザー、米モデルナ、米バイオテクノロジー企業ノババックスの3社と、新型コロナウイルスワクチン合計2億5千万回分の供給を新たに受ける方向で協議を進めていると明らかにした。詳細な...