ニュース

東京円、108円台後半 

2021/4/30 10:18

 休日明け30日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台後半で取引された。

 午前10時現在は休日前の28日と比べ09銭円高ドル安の1ドル=108円92〜93銭。ユーロは44銭円安ユーロ高の1ユーロ=132円05〜09銭。

 米国の金融緩和が長期化するとの見方から円買いドル売りが入った。米長期金利が上昇基調にあることを受け、日米金利差拡大を意識して円を売る動きも見られた。

 市場では「月末で大型連休期間ということもあり、国内輸入企業による実需のドル買い注文が多く入っている」(外為ブローカー)との声があった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   6日(日本時間 8時) (5/6)

     8時現在           1ドル=             109円20銭〜          109円22銭    前日比  −0円32銭   1ユーロ=            131円11銭...

  • NY円、109円前半 (5/6)

     【ニューヨーク共同】5日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比12銭円高ドル安の1ドル=109円14〜24銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2000〜10ドル、131円03〜13銭...

  • NY株最高値、97ドル高 (5/6)

     【ニューヨーク共同】5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比97・31ドル高の3万4230・34ドルと過去最高値を更新して取引を終えた。米経済の回復への期待が高まり、エネルギ...

  • 最大消費地へコメ輸出本腰 (5/6)

     国内消費の減少が続くコメ市場で新たな需要を開拓しようと、JAグループや卸売業者が中国へのコメ輸出に本腰を入れ始めた。長粒種も含む中国のコメの年間消費量は1億4千万トンと世界最大で、日本の約20倍。日...

  • NY株式   5日終値     (5/6)

    <ダウ工業30種平均>      34230.34       前日比  +97.31