ニュース

コロナ感染で逮捕状の執行見送り 傷害事件の容疑者、警視庁

2021/4/30 12:43

 傷害事件の容疑者の自宅を家宅捜索中に容疑者の新型コロナウイルス感染が判明し、警視庁巣鴨署が逮捕状の執行を見送っていたことが30日、署への取材で分かった。

 署によると、東京都豊島区で昨年10月に発生した傷害事件の捜査で、都内に住む暴力団組員の男の自宅を今月28日に家宅捜索した。その際、男が捜査員に対し、コロナに感染して自宅療養中だと申告。署は保健所と病院に事実確認し、既に取っていた逮捕状の執行を見送ったという。

 現場で男とやりとりをした捜査員については、署へ戻さず、そのまま自宅待機としたが、保健所からは濃厚接触者には当たらないと連絡があったとしている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 延長決定から一夜、広がる困惑 (5/8)

     「終わりが見えない」「延長で感染者が減るのか」。緊急事態宣言の延長決定から一夜明けた8日、羽田空港や名古屋駅では、再び続く我慢の日々に困惑と疑問の声が上がった。 普段なら旅行客らでにぎわう土曜の朝。...

  • 再発防止へ、安全な散歩指導も (5/8)

     大津市の県道交差点で車2台が衝突し、1台が弾みで散歩中の保育園児らの列に突っ込み16人が死傷した事故から8日で2年となった。滋賀県や市は保育施設に近い道路などの安全対策工事を3月までに完了。県警は希...

  • 海自掃海艇、佐賀沖で漁船と衝突 (5/7)

     7日午後3時半ごろ、佐賀県唐津市の加唐島から北に約4キロの海上で、海上自衛隊佐世保基地(長崎県佐世保市)の掃海艇「たかしま」が、熊本県天草漁協所属で2人が乗った漁船「萬栄丸」と衝突した。双方にけが人...

  • 米国で別姓婚「日本で有効」 (5/7)

     米国で別姓のまま結婚した映画監督の想田和弘さん(50)と映画プロデューサーの柏木規与子さんが、日本でも婚姻関係にあることの確認を求めた訴訟は7日、訴えを退ける一方、婚姻自体は日本でも「有効に成立して...

  • 中学生誘拐疑い男逮捕、警視庁 (5/7)

     会員制交流サイト(SNS)で知り合った東京都東大和市の女子中学生を名古屋市の自宅アパートに連れ込んだとして、警視庁東大和署は7日、未成年者誘拐の疑いで名古屋市中川区伏屋、派遣社員具志歩容疑者(38)...