ニュース

コロナ肺炎の重症化防ぐ治療薬 東北大が開発、6月から臨床試験

2021/4/30 16:15

 東北大の研究グループは30日までに、新型コロナウイルス感染による肺炎の重症化を防ぐ治療薬を開発したと発表した。錠剤の内服薬で、自宅やホテルで療養中の患者が自分で服用できるため、医療現場の負担軽減が期待される。6月から国内の患者約100人を対象に本格的な臨床試験を実施し、早ければ2年後の実用化を目指す。

 コロナに感染した人の約80%は軽症だが、高齢者や基礎疾患のある患者は肺炎が重症化しやすく、合併症や後遺症も問題化している。

 新たな治療薬は中等症の患者が対象。血管を詰まらせたり、肺の炎症を引き起こしたりする体内のタンパク質の働きを抑える効果がある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 16日の人出、5割超で減少 (5/16)

     NTTドコモがまとめた16日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち、約5割超の51地点で前週9日と比べて減少した。16日から緊急事態宣言の対象となった北海道、岡山、広島の3道県で...

  • 菅内閣不支持、急増47% (5/16)

     共同通信社が15、16両日に実施した全国電話世論調査によると、菅内閣の不支持率は前回4月調査から11・2ポイント急増して47・3%となり、政権発足以降最多となった。支持率41・1%を大きく上回った。...

  • インド首都の外出禁止、1カ月超 (5/16)

     【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリーを含むデリー首都圏政府は16日、新型コロナウイルス対策の外出禁止令を1週間延長し24日早朝までとすると明らかにした。4月19日から継続しており、1カ月を超...

  • 国内5261人感染、46人死亡 (5/16)

     国内で16日、新たに5261人の新型コロナウイルス感染者が報告された。大阪620人、東京542人、愛知522人、福岡505人、北海道491人など。死者は大阪15人、兵庫7人、北海道5人など計46人だ...

  • 静岡県で初のインド株確認 (5/16)

     静岡市は16日、国立感染症研究所による解析の結果、新型コロナウイルスのインド変異株の感染が2例確認されたと発表した。静岡県によると、インド株の感染確認は県内では初めて。 市によると、2人とも海外渡航...