ニュース

茨城県知事、50万円分を不記載 パー券収入内訳や氏名、管理団体

2021/4/30 16:34

 茨城県の大井川和彦知事の資金管理団体「緑和会」が2018年、水戸市の政治団体「茨城県食と農と水政治連盟」から得た50万円のパーティー券収入の内訳や支払者氏名を政治資金収支報告書に記載していなかったことが30日、分かった。政治資金規正法は同じ団体から1回のパーティーで20万円超の収入があれば、住所や氏名の報告書記載を義務付けている。

 また、18〜19年の政治資金パーティーで、政治団体から得たパーティー券収入について、日付や金額、団体の代表者名を誤って記載していたケースが他にも3件あった。

 大井川氏の事務所担当者は「おわびして訂正したい」とした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 岡山もまん延防止要請へ (5/11)

     岡山県は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け「まん延防止等重点措置」の適用を政府に近く要請する方針を固めたことが11日、分かった。対象は岡山市と倉敷市とし、期間は今月中旬から31日までを想定。両市の...

  • 沖縄で初の熱中症警戒アラート (5/11)

     気象庁と環境省は11日、沖縄・八重山諸島で12日に熱中症の危険が特に高まるとして「熱中症警戒アラート」を発表した。4月28日に全国で運用を開始してから初めて。外出はなるべく避け、室内では空調を使うな...

  • コロナ下の女性困窮や盗撮を議論 (5/11)

     花を手に、性暴力撲滅を訴える「フラワーデモ」が11日、各地で開かれた。東京では新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、オンラインで開催。新型コロナの影響で女性が生活苦などの困難を強いられている状...

  • 日本「子どもを育てにくい」6割 (5/11)

     内閣府の国際意識調査で、日本人回答者の6割が「子どもを産み育てにくい国」と感じていることが11日明らかになった。フランスやドイツ、スウェーデンに比べ育てにくいとする割合が突出して高い。子育てを支える...

  • 入管法「国際法上問題」と声明 (5/11)

     外国人の入管施設での収容長期化の解消を目的とし、今国会で審議中の入管難民法改正案について、国際法や憲法の研究者らが11日、国際法上問題があるとして「廃案の可能性も含め、抜本的な再検討が必要だ」とする...