ニュース

芸術鑑賞、コロナ拡大で大幅減 文化庁アンケート

2021/4/30 17:27

 文化庁は30日、1年間に映画や美術展などの芸術鑑賞に行った人が41・8%だったとする2020年度のアンケート結果を発表した。新型コロナの感染拡大による公演中止や外出自粛が響き、67・3%だった前年度から大幅に減った。

 アンケートは18年度から文化庁がインターネットで実施。20年度は1月29日〜2月1日に行い、3千人が回答した。鑑賞に行かなかった人に複数回答で理由を聞いたところ、56・8%が「コロナによる公演中止や外出控え」を挙げた。

 鑑賞に行った芸術の分野別では「映画」が最多。ただ「ポップスなどの音楽」「演劇」「伝統芸能」などを含め全分野で減った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

文化・芸能の最新記事
一覧

  • 米NBC、映画賞の中継見送り (5/11)

     【ロサンゼルス共同】米NBCテレビは10日、アカデミー賞の前哨戦としても注目を集める映画賞「ゴールデン・グローブ賞」の来年の授賞式を中継しないと発表した。主催するハリウッド外国人記者協会を巡っては、...

  • ももクロ玉井詩織さんが感染 (5/10)

     人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のメンバー玉井詩織さん(25)が新型コロナウイルスに感染したと、所属事務所が10日発表した。玉井さんは、頭痛と倦怠感があったため医療機関を同日受診し、軽症...

  • 岩波書店新社長に坂本政謙氏 (5/10)

     岩波書店の岡本厚社長(67)が退任し、後任に取締役執行役員編集局部長の坂本政謙氏(56)が内定したことが10日、分かった。就任は6月1日付。5月31日の株主総会後の取締役会で正式決定する。 同社によ...

  • 右翼の街宣予定で上映中止 (5/10)

     全国各地で順次公開中のドキュメンタリー映画「狼をさがして」(キム・ミレ監督)を巡り、右翼団体の街宣活動の予定を受けて神奈川県内の映画館が上映中止に追い込まれたとして、同作の配給会社「太秦」の小林三四...

  • 70年、日本人2人が文学賞候補 (5/10)

     【ロンドン共同】1970年のノーベル文学賞の選考で、作家の石川達三と、作家で評論家の伊藤整の日本人2人が候補に推薦されていたことが10日分かった。選考主体のスウェーデン・アカデミーが共同通信に当時の...