ニュース

東京円、108円台後半 

2021/4/30 17:54

 休日明け30日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台後半で取引された。

 午後5時現在は休日前の28日と比べ13銭円高ドル安の1ドル=108円88〜89銭。ユーロは16銭円安ユーロ高の1ユーロ=131円77〜81銭。

 米国の金融緩和が長期化するとの見方から円買いドル売りが先行。日本国内の新型コロナウイルス感染拡大への懸念も広がり、比較的安全な通貨とされる円を買う動きが優勢だった。

 市場では「国内は大型連休の谷間で、午後には様子見ムードが出ていた。市場参加者が少なく、次の材料待ちの状態だ」(外為ブローカー)との声が上がった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • ナスダック 14日終値     (5/15)

    <ナスダック>          13429.98       前日比 +304.99  

  • NY円、109円前半 (5/15)

     【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比12銭円高ドル安の1ドル=109円30〜40銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2141〜51ドル、132円77〜87...

  • セブンの米社買収「違法」と主張 (5/15)

     【ニューヨーク共同】セブン&アイ・ホールディングスが米コンビニ運営会社の買収完了を発表したことについて、審査していた米連邦取引委員会(FTC)のスローター委員長代理ら2人が14日、「競争法上の懸念が...

  • NY株続伸、360ドル高 (5/15)

     【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比360・68ドル高の3万4382・13ドルで取引を終えた。長期金利の上昇が一服したことから投資家心理が改善し、I...

  • NY株式  14日終値     (5/15)

    <ダウ工業30種平均>      34382.13       前日比 +360.68