ニュース

五輪、行動管理「実効性」が課題 専門家初会合で指摘

2021/4/30 19:27
 東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策で新設した専門家会議の初会合に臨む、(右から)大会組織委の橋本聖子会長、河野一郎副会長、国立感染症研究所の斎藤智也・感染症危機管理研究センター長=30日午後、東京都中央区(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策で新設した専門家会議の初会合に臨む、(右から)大会組織委の橋本聖子会長、河野一郎副会長、国立感染症研究所の斎藤智也・感染症危機管理研究センター長=30日午後、東京都中央区(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、大会の新型コロナウイルス対策で、新設した専門家会議の初会合を開いた。終了後に記者会見した国立感染症研究所の斎藤智也・感染症危機管理研究センター長は、入国後14日間の自主待機期間中でも活動を認められる選手や大会関係者について、その条件となる厳格な行動管理を「いかに実効性を持って行うか」が課題だと述べた。

 チームや組織ごとに指名される「コロナ対策責任者」が行動を監督し、違反者への制裁措置も予定されているが、斎藤氏はルールを順守してもらうには「第三者の目」が行き届くかどうかも鍵だと指摘した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 聖火、天守復旧の熊本城に (5/6)

     東京五輪の聖火リレーは6日午後も熊本県で続き、山鹿市では、昔ながらの風情を残す温泉施設などがある町並みを駆け抜けた。聖火は夜、2016年4月の熊本地震で被災し、天守閣の復旧が終わった熊本城に到着した...

  • IOC、選手団にワクチン提供へ (5/6)

     【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は6日、東京五輪・パラリンピックに参加する各国・地域の選手団に向け、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを提供すると発表した。欧米や中...

  • バスケ本橋「順調に回復」と笑み (5/6)

     バスケットボール女子での日本代表候補選手が6日、オンラインで取材に応じ、昨年11月に右膝前十字靱帯を損傷し、手術を受けたガード本橋菜子(東京羽田)は「けがをした瞬間は五輪を諦めないといけないんだなと...

  • 五輪中止署名、10万筆超 (5/6)

     元日弁連会長の宇都宮健児氏が、「東京五輪の開催中止を求める」とするオンライン署名を5日正午から始め、6日午後7時45分時点で10万筆を超えた。 署名サイト「Change.org」で実施。宇都宮氏は「...

  • 高山忠洋、佐藤大平ら首位発進 (5/6)

     プレーヤーズチャンピオンシップ・サトウ食品第1日(6日・栃木県西那須野CC=7036ヤード、パー72)日本ゴルフツアー機構選手会が主催する新規大会。43歳で通算5勝の高山忠洋が7バーディー、ボギーな...