ニュース

五輪、行動管理「実効性」が課題 専門家初会合で指摘

2021/4/30 19:27
 東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策で新設した専門家会議の初会合に臨む、(右から)大会組織委の橋本聖子会長、河野一郎副会長、国立感染症研究所の斎藤智也・感染症危機管理研究センター長=30日午後、東京都中央区(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策で新設した専門家会議の初会合に臨む、(右から)大会組織委の橋本聖子会長、河野一郎副会長、国立感染症研究所の斎藤智也・感染症危機管理研究センター長=30日午後、東京都中央区(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、大会の新型コロナウイルス対策で、新設した専門家会議の初会合を開いた。終了後に記者会見した国立感染症研究所の斎藤智也・感染症危機管理研究センター長は、入国後14日間の自主待機期間中でも活動を認められる選手や大会関係者について、その条件となる厳格な行動管理を「いかに実効性を持って行うか」が課題だと述べた。

 チームや組織ごとに指名される「コロナ対策責任者」が行動を監督し、違反者への制裁措置も予定されているが、斎藤氏はルールを順守してもらうには「第三者の目」が行き届くかどうかも鍵だと指摘した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 山口・下関の公道走行は中止 (5/12)

     山口県は12日、県内での東京五輪の聖火リレーに関し、2日目の14日に予定されていた下関市の公道での走行を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえた措置。 14日は他の5市は予定通り...

  • 米紙「科学に従い五輪中止を」 (5/12)

     【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズは11日、東京五輪・パラリンピックは新型コロナウイルスの感染が大規模に拡大する「大災害となる恐れ」があり、「今こそ科学に耳を傾け、危険なまやかしをやめる...

  • ナダル、東京五輪出場は未定 (5/12)

     【ジュネーブ共同】テニスの男子シングルスで歴代最多の四大大会通算20度の優勝を誇るラファエル・ナダル(スペイン)は11日、イタリア国際に出場するローマで記者会見し、今夏の東京五輪出場は「(新型コロナ...

  • 佐賀で感染のスタッフ規則守らず (5/11)

     佐賀県は11日、県内で行われた東京五輪聖火リレーのスタッフが新型コロナウイルスに感染したことに関し、本人が飲食時に大会組織委員会の定める感染対策のガイドラインに従っていなかったと明らかにした。山口祥...

  • 香港、電通から五輪放映権 (5/11)

     【香港共同】香港政府の林鄭月娥行政長官は11日、定例記者会見で、東京五輪の香港でのテレビ放映権を電通から買い取る契約を結んだことを明らかにした。民間テレビ局の財政上の問題から、政府が初めて五輪の放映...