ニュース

コロナ急患の待機所増設、大阪 入院まで36時間の事例も

2021/4/30 19:30
 「入院患者待機ステーション」で待機する患者=30日午前、大阪市内(大阪府提供)

 「入院患者待機ステーション」で待機する患者=30日午前、大阪市内(大阪府提供)

 大阪府は30日、自宅療養中に病状が悪化するなどした新型コロナウイルス感染症の患者を救急搬送する際、空き病床がすぐに見つからない場合は酸素投与しながら待機できる「入院患者待機ステーション」の2カ所目を大阪市内の病院で運用開始した。市内外でさらなる増設も検討する。

 府によると、22日に開いた大阪市内1カ所目の待機所は、30日午前8時までに計55人を受け入れた。滞在時間の平均は12時間2分で、80代女性が36時間12分待ったケースもあった。

 大阪市消防局で搬送困難事例が続き、そのたびに救急隊も足止めされる形になるため、2カ所目も市内に設置した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 岐阜県の2首長が「先行」接種 (5/15)

     岐阜県八百津町の金子政則町長(70)と、同県東白川村の今井俊郎村長(70)が、新型コロナウイルスのワクチンを、65歳以上の一般高齢者向けの接種開始に先駆けて接種していたことが15日、両町村への取材で...

  • 中国の無人探査機、火星に着陸 (5/15)

     【北京共同】中国国営の中央テレビによると、中国の無人探査機「天問1号」が15日午前7時18分(日本時間同8時18分)、火星への軟着陸に成功した。旧ソ連、米国に次ぐ3カ国目。中国は既に月面探査を成功さ...

  • 尻から酸素、呼吸不全を改善 (5/15)

     腸でも呼吸できるドジョウをヒントに、酸素が少ない環境でブタやマウスにお尻から酸素を送り込んだところ、呼吸不全の症状が改善する傾向が見られたとの研究結果を東京医科歯科大の武部貴則教授らのチームが、14...

  • 国内コロナ感染、6000人超 (5/14)

     国内で14日、新たに6264人の新型コロナウイルス感染者が確認された。6千人を超えたのは4日連続。厚生労働省によると、重症者は過去最多だった前日から5人減り1209人となったが、引き続き高い水準で推...

  • 中国探査機、火星着陸へ (5/14)

     【北京共同】中国政府は14日、無人探査機「天問1号」を15日未明から19日の間に火星に着陸させると発表した。軟着陸に成功すれば旧ソ連、米国に次ぐ3カ国目となる。「宇宙強国」の確立に向けた重要プロジェ...