ニュース

施設離れた若者、2割が困窮 社会的養護の退所後調査、厚労省

2021/4/30 19:56

 虐待などにより親元で暮らせない子どもを施設や里親の下で育む「社会的養護」を巡り、厚生労働省の研究班は30日、施設などから離れた人(ケアリーバー)の実態に関する初の調査結果を公表した。それによると「収入より支出が多い」が22・9%に上った。過去1年間に医療機関を受診できなかったのは20・4%、施設などで受けられた治療が継続できなかったのは9・0%で、金銭的な理由が最多。困窮の状況が浮き彫りになった。

 社会的養護下の児童は現状で約4万5千人。原則18歳までに自立することになるが、親元を頼れずに困難を抱えがちだと指摘される。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 兵庫の林道に遺体、中2女子か (5/6)

     6日午前3時ごろ、男が「自殺しようとしたが、死にきれなかった」と兵庫県警丹波署に届け出た。男は少女と2人で自殺を図ったと説明。署員が男の案内で同県丹波市氷上町新郷の林道を調べ、あおむけに倒れた少女の...

  • 公道聖火リレーに否定的、兵庫 (5/6)

     兵庫県の井戸敏三知事は6日の記者会見で、同県に発令されている緊急事態宣言が延長される見通しとなったことを受け、県内で23、24日に実施予定の聖火リレーに関し「お客さんが見られるような公道上での実施は...

  • 福岡市など公道リレー中止 (5/6)

     福岡県は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内で11〜12日に予定している東京五輪の聖火リレーを、福岡市、太宰府市など7市町の公道では実施しないと発表した。今後、大会組織委員会と調整する。 ...

  • やまゆり園でのパラ採火を撤回 (5/6)

     相模原市が、2016年7月に入所者ら45人が殺傷された知的障害者施設「津久井やまゆり園」(同市緑区)で実施する予定だった東京パラリンピックの聖火採取を撤回することが6日、市関係者への取材で分かった。...

  • 赤木ファイル、6月提出へ (5/6)

     森友学園への国有地売却に関する決裁文書の改ざんを強いられ、財務省近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=が2018年に自殺に追い込まれたとして、妻雅子さん(50)が国側に損害賠償を求めた訴訟で...