ニュース

国民投票法修正、結論出ず 自公協議、6日採決は流動的

2021/4/30 20:24

 憲法改正手続きに関する国民投票法改正案を巡り、自民、公明両党幹部は30日、立憲民主党が求める修正の是非を国会内で協議したが、結論に至らなかった。立民は、政党スポットCMの法規制を改正案の付則に明記すれば採決に応じるとしている。自公両党は5月6日の衆院憲法審査会で採決する構えは譲らないものの、情勢は流動的だ。

 出席者の一人は協議後、記者団に「修正案は受け入れられない」と語った。ただ修正を拒んで採決に踏み切れば、立民が反発して国会審議全体に波及しかねないため、日程をずらして合意を模索する可能性もある。6日の衆院憲法審は、国民投票法改正案の質疑などの予定。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 枝野立民代表「6月衆院解散も」 (5/15)

     立憲民主党の枝野幸男代表は15日、宇都宮市で開かれた党栃木県連大会にオンラインで参加し、衆院解散・総選挙の時期について「早ければ6月解散、7月総選挙の可能性が残っている」と述べた。国会会期末の与野党...

  • 菅首相、答えに窮し助け舟求める (5/14)

     「今が感染を食い止める大事な時期」。14日、首相官邸であった菅義偉首相の記者会見。これまで同様、緊急事態宣言の意義を繰り返し訴えた。当初の方針を転換して対象地域を拡大した理由など答えに窮する場面では...

  • 入管法改正案、修正協議は決裂 (5/14)

     外国人の収容と送還のルールを見直す入管難民法改正案を巡る与野党協議は14日、野党の要求項目に関して折り合いが付かず、決裂した。立憲民主党幹部は、義家弘介衆院法務委員長の解任決議案を衆院に提出する方針...

  • 五輪と感染対策、両立を強調 (5/14)

     東京都の小池百合子知事は14日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックの開催と新型コロナウイルス対策を両立させる方針を強調し、「両方を都庁全体を挙げて進めていくのは都の役割だ」と述べた。元日弁連会...

  • 民間委託で逆にコスト高 (5/14)

     会計検査院が「民間資金活用による社会資本整備(PFI)」方式の国の事業を調べた結果、コスト削減になるかどうかの算定でPFIと国発注の「従来方式」を比較する条件が一致しなかったり、金利情勢が反映されて...