ニュース

肺がん8千人診断遅れか コロナ影響で、学会調査

2021/4/30 20:29

 日本肺癌学会は30日、2020年の肺がんの新規患者数を調査した結果、前年より6・6%減少したと発表した。新型コロナウイルスの流行による受診控えや検診控えが影響しているとみられ、全国で8600人の診断が遅れ、治療の機会を逃したと推定している。

 同学会は全国の大学病院やがん専門病院などを対象にアンケートを実施。118施設のデータを解析した。2019年1〜10月の肺がんの新規患者数は1万9878人だったが、20年の1〜10月は1万8562人で6・6%減少した。

 20年は全国で13万人が肺がんと診断されると見込まれていたが、8600人少ないことになる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 米版はやぶさ、小惑星を出発 (5/11)

     【ワシントン共同】米国版はやぶさとも呼ばれる米航空宇宙局(NASA)の小惑星探査機オシリス・レックスが10日、小惑星ベンヌで採取した岩石を持ち帰るため地球に向けて出発した。昨年10月に岩石採取に成功...

  • 米、12〜15歳にもワクチン (5/11)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は10日、これまで16歳以上としてきた米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種を12〜15歳にも許可すると発表した。12日の米疾病対策センタ...

  • 緒方洪庵の薬瓶、素粒子で透視 (5/11)

     江戸時代末期に大阪で活躍した医師、緒方洪庵が残した薬瓶の中身を、物質を通り抜ける素粒子「ミュー粒子」を当てることでふたを開けることなく特定できたと、大阪大の高橋京子招へい教授(生薬学)らのチームが1...

  • 国内で4940人感染、71人死亡 (5/10)

     国内で10日、新たに4940人の新型コロナウイルス感染が確認された。大阪668人、東京573人、愛知426人など。厚生労働省によると重症者は1152人で前日より8人増加し、過去最多を更新した。 死者...

  • 自宅で死亡の感染者18人、大阪 (5/10)

     大阪府は10日、昨年10月の新型コロナウイルス感染第3波から今年5月7日までの間、病院で治療を受けられず自宅で亡くなった感染者が18人いたと発表した。自宅療養中に急変し死亡した人が10人、ホテル療養...