ニュース

消防アプリで防災学習 「非常時対応イメージを」

2021/5/1 6:02
 火災発生時の避難方法を学ぶ動画の一場面(東京消防庁提供)

 火災発生時の避難方法を学ぶ動画の一場面(東京消防庁提供)

 全ての小中学生にパソコンやタブレットが1台ずつ配備される中、東京消防庁の公式アプリを活用した防災学習が5月から東京都内の学校で始まる。全国初の取り組みとみられ、同庁は「日々の勉強で非常時の対応をイメージできるようになってほしい」としている。

 「2019年に管内で起きた火災の原因の1位は」。アプリではクイズを通して防災の知識を深められるほか、消火器の使い方も動画で分かりやすく紹介。人工知能(AI)を用いたチャットで、同庁のマスコットキャラクター「キュータ」が質問に答えてくれる。ちなみにクイズの答えは「たばこ」だという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 沖縄、本土復帰から49年 (5/15)

     沖縄は15日、1972年の本土復帰から49年を迎えた。復帰に際し「基地のない平和な島」を求めたが、現在も在日米軍専用施設の約7割が沖縄県内に集中。住民らは在沖米海兵隊基地司令部が入る米軍キャンプ瑞慶...

  • 九州北部・中国・四国が梅雨入り (5/15)

     気象庁は15日、九州北部、四国、中国が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より九州北部は20日、四国は21日、中国は22日早い。統計がある1951年以降、四国は最も早い梅雨入りで、九州北部と中国は...

  • 宣言追加決定から一夜、不安の声 (5/15)

     北海道、岡山、広島の3道県が新型コロナウイルス緊急事態宣言の対象に追加されることが決まってから一夜が明けた15日、対象地域では不安や諦めの声が聞かれた。愛知、福岡両県は発令後最初の週末。変異株の流行...

  • 介護保険料、初の月額6千円超 (5/14)

     厚生労働省は14日、65歳以上の高齢者が4月から支払う介護保険料の月額が全国平均で6014円となり、初めて6千円を超えたと発表した。制度が始まった2000年度は2911円で、約20年間で3千円以上増...

  • 高速道路の深夜割引見直しへ (5/14)

     国土交通省は、高速道路の深夜割引を見直す。割引開始を待つトラックが都市部の料金所付近に並び、渋滞を引き起こしているためだ。適用時間帯を広げる一方、対象時間に一部でも走れば全体の料金を安くする仕組みは...