ニュース

2年連続、コロナ禍のGW 目立った混雑なく

2021/5/1 10:31
 5連休の初日、閑散とする東海道新幹線のホーム=1日午前、JR東京駅

 5連休の初日、閑散とする東海道新幹線のホーム=1日午前、JR東京駅

 ゴールデンウイーク(GW)の5連休初日となった1日、鉄道や空の便は下りの予約率がピークとなった。新型コロナウイルスの緊急事態宣言下で大型連休を迎えるのは2年連続。駅や空港には1回目の宣言中だった昨年より多くの人出があったが、コロナ禍前のような目立った混雑は見られなかった。

 宣言が発令されている東京都内では休業した飲食店や大型商業施設が目立つ。菅義偉首相も「不要不急(の外出)、行楽、帰省を控えていただきたい」と連休中の外出自粛を求めており、1日朝の東京駅は比較的閑散としていた。東海道新幹線では指定席、自由席ともに空席が目立った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 松林再生に向け植樹完了、岩手 (5/18)

     東日本大震災の津波で被災した岩手県陸前高田市の景勝地・高田松原で18日、地元のNPO法人「高田松原を守る会」が松林再生に向けた植樹を行い、県が既に植えた分と合わせ、目標の計約4万本を植え終えた。 戸...

  • 金色のドジョウ展示中、山形 (5/18)

     山形県大江町の文化交流施設「やまさぁーべ」で金色のドジョウが展示され、来訪者の人気を集めている。新型コロナウイルスの影響で減少していた客足は、大型連休前の展示開始以降、コロナ禍以前を上回ることも。施...

  • パンダ食べ残しの竹で彩る (5/18)

     パンダが食べ残した竹を使った明かりで「インフィニートホテル&スパ南紀白浜」(和歌山県白浜町)の中庭を照らす「竹あかりガーデン」が始まった。地元の観光業の発展や新型コロナウイルス禍の終息への願いを込め...

  • 風太、療養終え元気な姿 (5/18)

     後ろ脚で直立する姿で2005年に一躍人気者となった、千葉市動物公園のレッサーパンダ「風太」が療養を終え、約4カ月ぶりに元気な姿を見せ、来園者を楽しませている。 風太は堂々とした立ち姿が新聞やテレビで...

  • 男性6000万円寄付、横須賀 (5/17)

     神奈川県横須賀市の市役所庁舎で17日午後2時15分ごろ、高齢男性が名乗らずにリュックサックを市職員に渡し、立ち去った。職員が中身を確認すると、現金6千万円と「何かの役に立ててください、寄付します」と...