ニュース

豪、インドからの入国禁止 違反で560万円の罰金も

2021/5/1 18:46

 【シドニー共同】オーストラリアのハント保健相は1日、新型コロナウイルスの感染が急拡大しているインドからの入国を3日から禁止すると発表した。14日以内にインドに滞在した人が対象で、違反した場合はバイオセキュリティー法に基づき、最大で禁錮5年、6万6600豪ドル(約562万円)の罰金、またはその両方を科す。

 オーストラリアでは市中感染がゼロの日も多いが、海外からの帰国者の隔離施設ではこの1週間、感染確認が増え、その多くがインドから。ハント氏は、隔離施設で管理できる感染者数には限りがあると指摘した上で、今回の措置について「軽々しく決めたのではない」と述べた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 中国、2億3千万人が旅行 (5/6)

     【北京共同】中国の文化観光省は6日までに、労働節(メーデー)に伴う今月1〜5日の大型連休に国内旅行をしたのは前年同期比で約2・2倍の2億3千万人だったと発表した。新型コロナウイルス感染症の流行前の比...

  • 民主派の黄之鋒氏に禁錮10月 (5/6)

     【香港共同】香港で昨年6月4日、中国が民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件の犠牲者追悼集会に参加したとして、無許可集会参加の罪で有罪判決を受けた著名な民主活動家、黄之鋒氏に対し、香港の裁判...

  • ギグワーカーの権利後退を阻止 (5/6)

     【ワシントン、ニューヨーク共同】米労働省は5日、インターネットを通じて運転や配達など単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」について、労働者としての権利を後退させるトランプ前政権の規則を撤回すると発表し...

  • NYタイムズ読者33%増 (5/6)

     【ニューヨーク共同】米新聞大手ニューヨーク・タイムズは5日、2021年3月末のデジタルと紙媒体の有料契約者の合計が781万6千人となり、1年前と比べて33・8%増えたと発表した。電子版などの伸びがけ...

  • 中国のロケット残骸落下の可能性 (5/6)

     【ワシントン共同】サキ米大統領報道官は5日の記者会見で、中国が4月下旬に打ち上げた大型ロケット「長征5号B」の残骸が大気圏に再突入して地表に落下する可能性があるため、米宇宙軍が追跡していると明らかに...