ニュース

榎本遼香、宮本葉月組が8位 飛び込みのW杯、女子シンクロ

2021/5/1 21:47
 女子シンクロ板飛び込み決勝の演技を終え、松本コーチ(右)と話す榎本(中央)と宮本=東京アクアティクスセンター

 女子シンクロ板飛び込み決勝の演技を終え、松本コーチ(右)と話す榎本(中央)と宮本=東京アクアティクスセンター

 飛び込みの東京五輪最終予選とテスト大会を兼ねたW杯は1日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで開幕し、女子シンクロ板飛び込みで榎本遼香(栃木県スポーツ協会)宮本葉月(高知DC)組が270・00点で8位となった。陳芸文、昌雅に組(中国)が317・16点で優勝した。

 男子シンクロ高飛び込みの村上和基(三重県スポーツ協会)伊藤洸輝(JSS宝塚)組は344・37点で12位。トーマス・デーリー、マシュー・リー組(英国)が453・60点で制した。

 開催国枠が一つずつあるシンクロ種目の五輪代表は、今回の結果を基に日本水連の選手選考委員会が総合的に判断する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 五輪選手の病床確保の要請を拒否 (5/12)

     茨城県の大井川和彦知事は12日の記者会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会から、選手や関係者が新型コロナウイルスに感染した際に受け入れる専用病床の確保を求められたが、「県民より選手を優先できない...

  • 飛び込み、板橋・荒井組ら代表に (5/12)

     日本水連は12日、東京五輪の飛び込み代表として、女子シンクロ高飛び込みの板橋美波、荒井祭里組、同シンクロ板飛び込みの榎本遼香、宮本葉月組、男子シンクロ高飛び込みの村上和基、伊藤洸輝組を新たに発表した...

  • 山口・下関の公道走行は中止 (5/12)

     山口県は12日、県内での東京五輪の聖火リレーに関し、2日目の14日に予定されていた下関市の公道での走行を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえた措置。 14日は他の5市は予定通り...

  • 米紙「科学に従い五輪中止を」 (5/12)

     【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズは11日、東京五輪・パラリンピックは新型コロナウイルスの感染が大規模に拡大する「大災害となる恐れ」があり、「今こそ科学に耳を傾け、危険なまやかしをやめる...

  • ナダル、東京五輪出場は未定 (5/12)

     【ジュネーブ共同】テニスの男子シングルスで歴代最多の四大大会通算20度の優勝を誇るラファエル・ナダル(スペイン)は11日、イタリア国際に出場するローマで記者会見し、今夏の東京五輪出場は「(新型コロナ...