ニュース

2メガバンクがATM共同運営へ 三菱UFJと三井住友

2021/5/2 15:14

 三菱UFJ銀行と三井住友銀行が現金自動預払機(ATM)を共同で運営する方向で調整していることが2日、分かった。現金の輸送やコールセンター業務などを一元化し、維持コストの削減につなげる。本年度中の実現を視野に入れており、地方銀行などと連携を拡大することも検討する。

 三菱UFJは全国で約7千台、三井住友は約4500台のATMを展開している。既に両行は2019年から、駅構内や商業施設など銀行の店舗外にあるATMを互いに開放し、同じ手数料で利用できるようにしており、この取り組みを発展させる。

 ATM運営を担う新会社の設立についても、今後検討する可能性がある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • NY円、109円前半 (5/6)

     【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比02銭円安ドル高の1ドル=109円16〜26銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2046〜56ドル、131円58〜68...

  • 欧米の自動車大手、利益が改善 (5/6)

     【ロンドン、ニューヨーク共同】欧米の主要な自動車大手4社の2021年1〜3月期決算が6日、出そろった。新型コロナウイルスの流行で落ち込んだ需要が回復し、いずれも前年同期と比べ利益が改善した。ワクチン...

  • 為替相場   6日(日本時間21時) (5/6)

    21時現在           1ドル=             109円16銭〜          109円17銭    前日比  −0円28銭   1ユーロ=            131円55銭...

  • 百貨店協会、営業拡大を要望 (5/6)

     日本百貨店協会は6日、東京など4都府県に発令している緊急事態宣言が延長された場合、新型コロナの感染防止対策の徹底を前提に、対象地域での営業拡大を求める要望書を政府に提出。百貨店の休業による従業員の雇...

  • 百貨店売上高2〜3割減 (5/6)

     大手百貨店4社が6日発表した4月の既存店売上高(速報)は、新型コロナウイルス流行前の2019年4月と比べて約2〜3割減少した。今年4月25日に4都府県で発令された緊急事態宣言を受け、対象地域にある店...