ニュース

微小プラ、年157トン発生 国内、環境ベンチャーが推定

2021/5/2 19:50
 東京都港区の運河でサンプルを採取する様子(ピリカ提供)

 東京都港区の運河でサンプルを採取する様子(ピリカ提供)

 海や川に流出したプラスチックごみが細かく砕けた結果、2020年度に国内で157トンの微小なマイクロプラスチックが発生したとの推定結果を、環境ベンチャーのピリカ(東京)が2日までに発表した。16都道府県の調査地点の約9割で微小プラが検出され、同社は対策強化を求めている。

 調査は20年4月〜21年3月、北海道から鹿児島県までの16都道府県の川や港湾、湖で実施。自治体や大学の協力を得て採取装置で水面付近を調べると、120地点のうち112地点で微小プラを確認した。

 河川中の微小プラの濃度や河川流域の特性などを考慮に入れて計算、年間157トンが流出したと推定した。


この記事の写真

  •  調査で検出された人工芝の破片(ピリカ提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • イタリアの接種者、感染8割減 (5/18)

     【ローマ共同】イタリア国立衛生高等研究所は17日までに、新型コロナウイルスワクチンの接種を少なくとも1回受けた人の感染リスクが80%減ったとする調査結果を発表した。昨年12月下旬から今月上旬までに接...

  • ドイツ、6月に16歳以上接種へ (5/18)

     【ベルリン共同】ドイツのシュパーン保健相は17日、6月7日から新型コロナウイルスワクチンの接種対象を16歳以上に広げる方針だと明らかにした。各州当局者との会合後に語った。ドイツでは60歳以上の市民や...

  • 大規模接種センター、予約が殺到 (5/18)

     自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの予約受け付けは、初日の17日から希望者が殺到した。大阪会場分は午後1時の開始から約25分間で用意した約2万5千件全てが埋まった。取れなか...

  • 拒絶反応起こさずがん攻撃 (5/18)

     人工多能性幹細胞(iPS細胞)に遺伝子改変を加え、細胞の提供者から見て他人に当たる患者に移植しても拒絶反応を起こさずにがんを攻撃できる免疫細胞を作製したと、京都大の金子新教授(免疫再生治療学)らのチ...

  • 国内で新たに3680人感染 (5/17)

     国内で17日、新たに3680人の新型コロナウイルス感染者が報告された。東京419人、大阪382人、北海道372人、愛知362人など。死者は兵庫33人、大阪23人、北海道10人など全国で122人だった...