ニュース

飛び込みW杯、板橋・荒井組7位 女子シンクロ

2021/5/2 18:48
 女子シンクロ高飛び込み決勝 板橋(右)、荒井組の演技=東京アクアティクスセンター

 女子シンクロ高飛び込み決勝 板橋(右)、荒井組の演技=東京アクアティクスセンター

 飛び込みの東京五輪最終予選とテスト大会を兼ねたワールドカップ(W杯)第2日は2日、東京アクアティクスセンターで行われ、女子シンクロ高飛び込みで板橋美波、荒井祭里組(JSS宝塚)は281・58点で7位だった。メーガン・ベンフィート、ケーリ・マッケイ組(カナダ)が305・94点で優勝した。

 男子シンクロ板飛び込み予選で、五輪代表に決まっている寺内健、坂井丞組(ミキハウス)は坂井の体調不良により、棄権した。

 開催国枠が一つずつあるシンクロ種目の五輪代表は、今回の結果を基に日本水連の選手選考委員会が総合的に判断する。


この記事の写真

  •  選手が練習する中、審判用の椅子を消毒するスタッフ(右下)=東京アクアティクスセンター

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • バッハ会長の来日延期 (5/10)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は10日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が5月に計画していた来日を延期すると発表した。東京都などに発令されている新型コロナウイルスの緊急事態宣言が5月...

  • 山口、聖火リレー初日中止 (5/10)

     山口県の村岡嗣政知事は10日の記者会見で、県内で13、14日に予定していた東京五輪の聖火リレーに関し、13日は公道での走行を中止すると明らかにした。14日は予定通り実施する方針。新型コロナウイルス感...

  • 兵庫県が公道リレー中止 (5/10)

     東京五輪聖火リレーの兵庫県実行委員会は10日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言延長を受け、県内で23〜24日に予定していたリレーの公道での走行を中止すると発表した。代替措置として、両日の最終区間に設...

  • 聖火、古賀稔彦さんの母校を走る (5/10)

     東京五輪の聖火リレーは10日、佐賀県での2日目を迎えた。基山町をスタートし、3月に53歳で亡くなった柔道家古賀稔彦さん出身のみやき町を走った。母愛子さんは、古賀さんの写真を持ちリレーを見守った。 ラ...

  • 岡山でも公道リレー中止へ (5/10)

     岡山県は10日、新型コロナウイルス感染状況の悪化を受け、県内で19、20日に予定されている東京五輪の聖火リレーについて、公道での走行を県全域で中止する方針を固めた。県は、大会組織委員会や関係市町など...