ニュース

海外から到着の18人が感染 空港検疫、4人に症状

2021/5/2 18:55

 厚生労働省は2日、海外から成田、羽田、中部の各空港に到着した男女18人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。このうち4人に発熱などの症状があった。

 厚労省によると、18人は10歳未満から50代で、4月28日から2日にかけて各空港に到着した。大半にインドやネパールでの行動歴があった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • インド1日の死者、初の4千人超 (5/8)

     【ニューデリー共同】インド政府は8日、新型コロナウイルス感染者の1日当たりの死者が4187人になったと発表した。4千人を超えるのはインドでは初めて。1日当たりの感染確認も3日連続で40万人を超え、感...

  • 14道県、感染者最多を更新 (5/8)

     国内で8日、新たに報告された新型コロナの感染者が7246人となり、14道県で過去最多を更新した。7千人台は1月16日以来。各地で「第4波」が猛威を振るい始めた。人口10万人当たりの療養者数は17都道...

  • 大阪、1021人がコロナ感染 (5/8)

     大阪府は8日、1021人が新型コロナに感染し、30〜100歳代の41人が死亡したと発表した。1日当たりの発表死者数として過去3番目に多く、基礎疾患のない30代男性も含まれている。7日には最多となる5...

  • 東京で新たに1121人感染 (5/8)

     東京都は8日、新型コロナの感染者が新たに1121人報告されたと発表した。千人を超えるのは1週間ぶりで、1100人台になったのは1月22日以来。直近7日間を平均した1日当たりの人数は776・6人で、前...

  • 化石燃料事業への融資停止を検討 (5/8)

     【マニラ共同】アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)が、石炭や石油、天然ガス関連事業に対する融資の停止を検討していることが分かった。ロイター通信などが7日、報じた。脱炭素化を進め、化石燃料に依存する新...