ニュース

コロナのピンチをチャンスに 自民下村氏、改憲巡り

2021/5/4 0:07

 自民党の下村博文政調会長は3日、改憲派が開いたウェブ会合で、同党が憲法改正案4項目の一つに掲げる緊急事態条項の対象に、新型コロナウイルス感染症を含めるべきだとの認識を示した。「日本は今、国難だ。コロナのピンチを逆にチャンスに変えるべきだ」と強調した。

 自民は、新型コロナ感染拡大を背景に、改憲に絡め緊急事態対応に関する議論を呼び掛けた経緯がある。野党はコロナ危機を逆手に取り、政治利用するのは問題だと反発した。

 下村氏は「現行憲法は70年以上改正されず、時代の変化に対応できていない」と主張した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 全国で新たに4372人感染 (5/6)

     国内で6日、新たに4372人の新型コロナウイルス感染者が報告された。大阪747人、東京591人、北海道320人、愛知290人、兵庫281人など。死者は大阪28人、北海道5人、東京と兵庫各4人など計6...

  • コロナ感染者、増加傾向続く (5/6)

     厚生労働省に新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織は6日、首都圏の1都3県や大阪で昼間と夜間の人出は減っているものの、全国の感染者数は「依然として増加傾向が続いている」との分析結果をまとめ...

  • 百貨店協会、営業拡大を要望 (5/6)

     日本百貨店協会は6日、東京など4都府県に発令している緊急事態宣言が延長された場合、新型コロナの感染防止対策の徹底を前提に、対象地域での営業拡大を求める要望書を政府に提出。百貨店の休業による従業員の雇...

  • 緊急事態宣言の延長、7日に決定 (5/6)

     菅義偉首相は6日、東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に発令している緊急事態宣言の延長方針を表明した。官邸で記者団に「明日、専門家の会議に諮ることにした」と述べた。首相は延長幅や休業要請の扱いについては...

  • サッカーW杯アフリカ予選を延期 (5/6)

     国際サッカー連盟(FIFA)は6日、新型コロナウイルスの影響で6月に予定されていたワールドカップ(W杯)カタール大会のアフリカ予選を延期すると発表した。今後は9、10、11月と来年3月の国際試合期間...