ニュース

コンゴがエボラ熱「終息宣言」 2月から流行、6人死亡

2021/5/4 0:18

 【ヨハネスブルク共同】コンゴ(旧ザイール)保健当局は3日、2月に東部の北キブ州で始まったエボラ出血熱の流行が終息したと宣言した。ロイター通信が伝えた。

 北キブ州など東部では2018年8月から20年6月にもエボラ熱が流行し2200人以上が死亡したが、今回の感染者は疑い例も含め12人で、死者は6人にとどまった。

 アフリカでは西部のギニアでも2月からエボラ熱が流行。国際移住機関(IOM)によると、4月23日時点で疑い例も含め23人が感染し、12人が死亡している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 市区町村、7月末完了86% (5/12)

     希望する高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種を巡り、全市区町村の86%に当たる1490自治体が7月末までに接種を完了する見込みであることが12日、政府の調査で分かった。菅義偉首相が7月末までの完...

  • 国内感染6000人超、高止まり (5/12)

     国内で12日、新たに報告された新型コロナウイルスの感染者が6千人を超えた。6千人を超えたのは2日連続で今月7日以降、おおむね6千〜7千人台で高止まりしている。厚生労働省によると、重症者は前日から13...

  • 大阪府で50人死亡、過去2番目 (5/12)

     大阪府は12日、851人が新型コロナウイルスに感染し、感染者50人が死亡したと発表した。1日に発表された死者の数としては、7日と並んで過去2番目。 吉村洋文知事は12日の記者会見で、改正感染症法に基...

  • 東京で新たに969人感染 (5/12)

     東京都は12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに969人報告されたと明らかにした。直近7日間を平均した1日当たりの人数は874人となり、前週比は109・4%。累計は14万9061人となった。 大型...

  • オプジーボ、11・5%値下げ (5/12)

     厚生労働省は12日、がん治療薬「オプジーボ」の薬価を11・5%引き下げると決めた。240ミリグラム入り1瓶の価格は現行の41万3990円から36万6405円となる。類似薬の価格が引き下げられたことに...