ニュース

ミャンマーNLD議員ら5人死亡 中部で爆弾

2021/5/4 15:38

 【ヤンゴン共同】ミャンマーの地元メディアによると、中部バゴー地域で3日、小包爆弾が爆発し、アウン・サン・スー・チー氏が率いる国民民主連盟(NLD)の地方議会議員ら計5人が死亡した。うち3人は国軍のクーデターに反対して職務を放棄する「不服従運動」に加わった警察官だった。犯行の背景は明らかになっていない。

 オンラインメディア「ミャンマー・ナウ」によると、爆発は計3回あった。議員と警察官は国軍の弾圧から逃れるため、バゴー地域の村に滞在していた。住居を提供していた村民も死亡し、別の警察官1人が重傷を負った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 駐日大使にエマニュエル氏 (5/12)

     【ワシントン共同】バイデン米政権が、オバマ元大統領の首席補佐官を務めたラーム・エマニュエル前シカゴ市長(61)を駐日大使に起用する方向で最終調整に入ったことが11日分かった。複数の関係者が明らかにし...

  • 米南部のアジア系銃撃は憎悪犯罪 (5/12)

     【ニューヨーク共同】米南部ジョージア州アトランタと近郊で3月にアジア系女性6人を含む8人が殺害された連続銃撃事件で、地元フルトン郡大陪審は11日、ロバート・ロング容疑者(22)を殺人罪などで起訴した...

  • ハマスがロケット弾攻撃800発 (5/12)

     【エルサレム共同】パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスは11日、イスラエル沿岸部を中心にロケット弾攻撃を続けた。民放チャンネル12がイスラエル軍関係者の話として報じたところによると、...

  • ガザ空爆「深い懸念」 (5/12)

     【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は11日、イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ空爆など、イスラエルとパレスチナとの衝突が激化していることに「深い懸念」を示した。事務総長報道官を通じて声明...

  • ベルギー「屋内飲食」6月解禁へ (5/12)

     【ブリュッセル共同】ベルギーのデクロー首相は11日、新型コロナウイルス感染対策として昨年10月から禁止してきたカフェ、レストラン店内席での飲食や、屋内での200人までの文化・スポーツ行事を6月9日か...