ニュース

「津波フラッグ」普及へ周知促進 政府、聴覚障害者に見える警報

2021/5/4 20:17
 海水浴場で津波警報を聴覚に障害がある人に視覚で知らせる「津波フラッグ」(気象庁ホームページより)

 海水浴場で津波警報を聴覚に障害がある人に視覚で知らせる「津波フラッグ」(気象庁ホームページより)

 政府は、海水浴場で津波警報や注意報が発令された場合に、聴覚障害がある人へ視覚で知らせる旗「津波フラッグ」の普及に乗り出した。昨年6月から活用を始めたが、今年2月末時点で導入したのは海水浴場を擁する全国446市町村のうち約14%の63にとどまる。2025年度までに80%の普及率を目指し、周知の取り組みを本格化させる。

 旗は縦と横がそれぞれ1メートル以上のサイズで、視認性が高いとされる赤と白の格子模様をあしらった。津波注意報や警報、大津波警報が発表されると、監視員やライフセーバーが監視塔や建物の上といった高さがある場所で掲げて知らせる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 介護保険料、初の月額6千円超 (5/14)

     厚生労働省は14日、65歳以上の高齢者が4月から支払う介護保険料の月額が全国平均で6014円となり、初めて6千円を超えたと発表した。制度が始まった2000年度は2911円で、約20年間で3千円以上増...

  • 高速道路の深夜割引見直しへ (5/14)

     国土交通省は、高速道路の深夜割引を見直す。割引開始を待つトラックが都市部の料金所付近に並び、渋滞を引き起こしているためだ。適用時間帯を広げる一方、対象時間に一部でも走れば全体の料金を安くする仕組みは...

  • 埼玉・熊谷市に恒例の大温度計 (5/14)

     猛暑で知られる埼玉県熊谷市で14日、毎年恒例となった高さ4メートルの大温度計が、八木橋百貨店前に設置された。新型コロナウイルス対策のため、温度計には「マスクによる熱中症に気をつけましょう」との文字も...

  • とっとり花回廊で「ばらまつり」 (5/14)

     鳥取県南部町の県立フラワーパーク「とっとり花回廊」で、恒例イベント「ばらまつり」が15日に開幕する。30日までの期間中、イングリッシュローズやつるバラなど約200品種、約千株が次々と見頃を迎える。 ...

  • 北陸新幹線、新駅「越前たけふ」 (5/13)

     JR西日本は13日、2024年春に延伸開業予定の北陸新幹線金沢―敦賀(福井県)で、福井県越前市にできる新駅の名称を「越前たけふ」と発表した。同社の前田洋明金沢支社長が越前市役所を訪れ、奈良俊幸市長に...