ニュース

55カ国で急性飢餓人口2千万増 WFP警告、紛争やコロナ

2021/5/5 18:11

 【ローマ共同】世界食糧計画(WFP)などは5日、55カ国・地域を対象にした調査で2020年の「急性飢餓人口」が前年から約2千万人増え、約1億5500万人に上ったと発表した。紛争や新型コロナウイルス流行による経済悪化が原因として、21年も危機的な状況が続くと警告した。

 急性飢餓人口は、突発事案による深刻な食料不足に陥った人々の数を指す。コンゴ(旧ザイール)やイエメン、アフガニスタン、シリアなど10カ国が飢餓人口の66%を占めた。気候変動も悪化の要因で、5歳未満の子ども約7520万人が栄養不足による発育不良に陥っているという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 国公私立大17校が21日開始 (6/18)

     文部科学省は18日、国公私立大17校が新型コロナウイルスワクチンの学内接種を21日に開始する予定と発表した。18日正午時点の集計。21日からは企業の職場接種も拡大し、64歳以下の一般接種が本格化する...

  • 飲食営業に制限、17都道府県 (6/18)

     9都道府県の緊急事態宣言が解除される21日以降、飲食店に営業時間短縮などの制限を設けるのは17都道府県となることが18日、共同通信の集計で分かった。新規感染者数の減少を理由とした自粛要請の打ち切りが...

  • 愛知と沖縄、病床使用ステージ4 (6/18)

     厚生労働省は18日、新型コロナウイルス患者向けの病床使用率(16日午前0時時点)を公表した。政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)の目安となる病床使用率50%以上だったのは愛知、沖縄の2...

  • 旭川医大、学長解任の審査継続 (6/18)

     国立大学法人旭川医科大(北海道旭川市)の学長選考会議は18日、不適切発言が問題化している吉田晃敏学長の解任の適否について、審査を継続すると明らかにした。 吉田学長は15日付で辞任届を提出したが、審査...

  • 国内1623人感染、48人死亡 (6/18)

     国内では18日、新たに1623人の新型コロナウイルス感染が確認された。東京453人、神奈川231人、千葉135人、愛知106人、沖縄86人など。死者は大阪17人、愛知6人、神奈川4人など計48人。 ...