ニュース

防護服で「母の日」祝う、大阪 1年ぶりに家族が特養で面会

2021/5/7 18:03
 カーネーションを手に母親に話しかける防護服姿の女性(中央)ら=7日午前、大阪府池田市

 カーネーションを手に母親に話しかける防護服姿の女性(中央)ら=7日午前、大阪府池田市

 新型コロナウイルスの影響で、高齢者施設の多くが入所者と家族らの面会を制限している。大阪府池田市の特別養護老人ホーム「オレンジ池田」では母の日を前に、防護服を着用した家族が約1年ぶりに面会を果たした。

 防護服「メディコン」は太陽工業(本社・大阪市)が病院や高齢者施設向けに開発した。排気口に高性能のフィルターが付けられ、飛沫が漏れることを防いでいる。

 同施設では昨年7月から面会を中止。端末を使ったオンラインに切り替えたものの、耳が不自由な入所者は会話がしづらかった。防護服を購入するなどの感染対策をし3月中旬から一日1組の面会を再開した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 五輪観客「専門家提言に矛盾」 (6/21)

     東京五輪の観客数上限が21日、最大1万人と正式に決まったことについて海外メディアは軒並み速報し、新型コロナウイルス禍が収まらない中での開催に日本国内で懸念が広がっていることを指摘した上で「専門家の提...

  • 児童、生徒の学校集団接種を否定 (6/21)

     河野太郎行政改革担当相は21日夜のNHK番組で、12〜15歳の児童、生徒の新型コロナウイルスワクチン接種について、義務ではないとして学校内での集団接種を否定した。「授業時間中の接種は文部科学省が推奨...

  • 五輪減収で負担協議難航も (6/21)

     東京五輪の観客を制限することに伴い、900億円を見込んでいたチケット収入は大幅に減少する。大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は21日の記者会見で「半分を下回る」との見通しを示した。今後、減収分の穴埋め...

  • 国内で868人感染、35人死亡 (6/21)

     国内で21日、新たに868人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京236人、神奈川135人、千葉85人、埼玉53人など。死者は大阪13人、愛知6人、北海道4人などで計35人。 政府の21日の発...

  • 給付金不支給で審査請求 (6/21)

     新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金や家賃支援給付金を不当に受け取れなかったとして、飲食店など61事業者が21日、不支給処分の取り消しを求める審査請求を行った。電子申請のため、インターネットに不...