ニュース

配信料、投げ銭で前座を支援 小痴楽が落語会企画

2021/5/7 18:52
 リモート落語会「前座応援会」を企画した柳亭小痴楽

 リモート落語会「前座応援会」を企画した柳亭小痴楽

 苦しむ前座に投げ銭と活躍の場を―。新型コロナウイルス禍で寄席などでの仕事がなくなった落語家を支援しようと、一昨年に真打ちに昇進した若手落語家、柳亭小痴楽が企画したリモート落語会「前座応援会」が8、9の両日開かれる。

 講談も含め前座15人が出演し、視聴者が払う投げ銭込みの配信料を前座で分け合うという仕組み。小痴楽は「修業中の前座を応援してください」と呼び掛けている。

 東京都内のビルの1室を会場に、計4公演を無観客で開催。小痴楽や桂宮治ら落語芸術協会の若手真打ち4人がトリを務める。配信料は千〜1万円の6コース。視聴方法など詳細は「前座応援会」公式サイトで。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 東京で570人感染、3人死亡 (6/24)

     東京都は24日、新型コロナの感染者が新たに570人報告されたと発表した。前週の同じ曜日より118人多い。直近7日間を平均した1日当たりの人数は439・6人で、前週比は113・8%。70〜90代の男性...

  • 国内高齢者、半数超が1回接種 (6/24)

     国内の65歳以上の高齢者のうち、新型コロナウイルスワクチンを少なくとも1回接種した人が半数を超えたことが、政府の集計で24日分かった。高齢者への接種が始まった4月12日から2カ月余り。接種が本格化し...

  • 都内感染は「再拡大の予兆」 (6/24)

     東京都は24日、新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議を開いた。新規感染者の7日間平均が2週連続で増加して400人台に上り、専門家が「再拡大の予兆が見られる」と指摘。急激なリバウンド...

  • 東京から3カ月ぶり転出超過 (6/24)

     総務省が24日公表した5月の人口移動報告(外国人を含む)によると、東京都は転出者が転入者を661人上回り、3カ月ぶりに人口流出を示す「転出超過」となった。新型コロナウイルスの感染状況の悪化に伴う緊急...

  • 都議選25日に告示、衆院選視野 (6/24)

     任期満了に伴う東京都議選(定数127、7月4日投開票)が25日に告示され、新型コロナ対策や東京五輪・パラの在り方を主な争点に、9日間の選挙戦が始まる。秋までに実施される衆院選の前哨戦として、各党は国...