ニュース

ネット通信量、04年比78倍に コロナで在宅時間拡大が影響

2021/5/10 8:25
 国内のインターネット通信量(トラフィック)の推移

 国内のインターネット通信量(トラフィック)の推移

 インターネット上の通信量が年々増えている。あらゆる情報がインターネットを通じてやりとりされるようになり、トラフィックと呼ばれる通信量は2020年に04年比で約78倍まで急増。新型コロナウイルス感染拡大を防止するための在宅時間増加も膨張の要因だ。最悪の場合、通信障害の危険性もあり、総務省は対策に乗り出している。

 総務省が関連事業者などの協力を得て固定ブロードバンドを対象に通信量を集計、試算した。

 日本におけるインターネットは1995年ごろから普及し始めた。近年ではSNSの利用拡大を背景に、写真や動画といった容量の大きな情報が頻繁にやりとりされる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 北朝鮮、経済難で内政を優先 (6/18)

     【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記が17日、バイデン米政権発足後、初めて対米戦略に言及し、対話、対決の双方に備えると表明した。経済難の中、内政に集中したい思惑がうかがえる。対話の可能性を示唆...

  • 競輪とオートレースで誤受給も (6/18)

     競輪とオートレースを統括するJKAは18日、新型コロナウイルスの持続化給付金に関する両選手会の調査結果として、競輪で36人、オートレースで23人の選手が、コロナの影響がない月を誤って対象月として給付...

  • 中国通販セール、大幅拡大 (6/18)

     【北京共同】中国で毎年恒例のインターネット通販セール「618」が18日、本番を迎えた。新型コロナウイルス流行による打撃からの消費回復を追い風に、各社が取引額の大幅な拡大を実現。ただ中国当局が電子商取...

  • 日銀、企業支援を半年延長 (6/18)

     日銀は18日、2日目の金融政策決定会合を開き、新型コロナの流行で打撃を受けた企業向けの資金繰り支援策について半年間延長を決めた。期限は9月末から来年3月末までに延びる。企業が資金調達しやすい環境を保...

  • 隅田川花火、2年連続中止 (6/18)

     東京の夏の風物詩、隅田川花火大会の実行委員会は18日、新型コロナウイルスの感染収束が見通せないとして、10月に予定していた開催を中止すると発表した。中止は2年連続となる。 花火大会は例年7月最終週の...