ニュース

入院先決まらず8人死亡、兵庫 クラスター発生の老健、医療逼迫

2021/5/11 21:58

 兵庫県宝塚市の介護老人保健施設で4月、入所者と職員計53人に上る新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生し、入所者の男女8人が入院先が決まらないまま施設内で死亡していたことが11日、県と施設への取材で分かった。県内では医療逼迫により施設内で治療を継続する例が続発している。

 兵庫県によると、今回の施設では4月14〜28日に入所者36人と職員17人の感染を確認。80〜90代の男女8人が施設内で亡くなった。施設の担当者は「陽性確認の時点で保健所に入院先を探してもらうよう依頼していたが、1〜2週間は回答がなく、順番が回ってこなかった」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • G7開催地で新規感染者増 (6/23)

     【ロンドン共同】先進7カ国首脳会議(G7サミット)が今月中旬、約2年ぶりに対面形式で開催された英南西部コーンウォールで、サミット終了前後ごろから新型コロナウイルスの新規感染者数が増加していることが2...

  • アストラ製接種を容認へ (6/23)

     厚生労働省は22日、英アストラゼネカ製の新型コロナワクチンについて無料で打てる公費接種の対象とし、60歳以上に接種するのを認める方向で調整に入った。30日に開かれる同省の専門分科会で可否を議論する。...

  • 中国、コロナ調査けん制 (6/23)

     【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は22日、ニュージーランドのマフタ外相とオンラインで会談し、「新型コロナウイルスの起源について政治問題化すべきではない」と強調した。起源に関する独立調査の必要性を...

  • 小池都知事、過労で入院 (6/22)

     東京都は22日、小池百合子知事が過度の疲労で静養が必要になったとして、今週の公務を離れると発表した。関係者によると、都内の病院に入院した。新型コロナウイルス対応や開幕を1カ月後に控えた東京五輪・パラ...

  • ファイザー製、7月は希望の半分 (6/22)

     愛知県の大村秀章知事は22日の記者会見で、住民接種に使われる新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチンの7月供給量が、各市町村の希望の半分程度しか予定されていないと明らかにした。早期供給を国に求める...