ニュース

コロナ感染報告は2件、日本陸連 20年度の大会で

2021/5/14 19:33

 日本陸上競技連盟は14日、2020年度に全国で開催された1118大会について、終了後2週間以内に新型コロナ感染が報告されたのは2件だったとする調査の中間報告を発表した。

 4月27日〜5月10日に各都道府県陸協、実業団や学生の統括団体など53団体を対象に調査し、32団体から回答を得た。大会は当初計画から5割弱の開催にとどまり、競技場で実施された1044大会のうち、76・7%の801大会が無観客。ロードレース74大会も含め、延べ人数で選手は約59万4千人、役員や審判ら約15万6千人が参加した。

 日本陸連は感染防止の指針を策定し、昨年7月に競技会を再開した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 中川日医会長に殺害予告疑い (6/17)

     新型コロナウイルス対策に当たる日本医師会の中川俊男会長に対し、殺害を予告する手紙を送ったとして、警視庁捜査1課は17日、脅迫の疑いで、前橋市山王町、無職蜂須忠夫容疑者(45)=別の脅迫容疑で逮捕=を...

  • 河野氏「今週にも百万回達成」 (6/17)

     河野太郎行政改革担当相は17日、日本商工会議所の三村明夫会頭とオンラインで懇談し、政府が目指す1日当たり100万回の新型コロナウイルスワクチン接種について「今週中に達成できるのではないか」との見通し...

  • 緊急事態宣言の解除、今夕決定 (6/17)

     政府は17日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を首相官邸で開き、10都道府県に発令中の緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県は20日の期限をもって解除すると決定する。このうち東京、大阪など...

  • 20年の山岳遭難、2294件 (6/17)

     2020年に全国で発生した山岳遭難事故は2294件(前年比237件減)、遭難者数は2697人(240人減)、うち死者・行方不明者は278人(21人減)だったことが17日、警察庁のまとめで分かった。遭...

  • 大規模会場18歳以上の接種開始 (6/17)

     自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターは17日、全国の18歳以上を対象に接種を始めた。大量に予約枠が残ったことを踏まえ、これまでの65歳以上の高齢者限定から大幅に範囲を拡大した...