ニュース

滋賀の4市町長と副市長らが接種 ワクチン、高齢者枠とは別に

2021/5/17 12:45

 滋賀県の野洲市、湖南市、竜王町、甲良町の4市町長と大津市の副市長2人が、新型コロナウイルスワクチンを、65歳以上の一般高齢者枠とは別に接種していたことが17日、各市町への取材で分かった。厚生労働省の手引で優先接種が認められる「医療従事者など」の枠や、キャンセル分を利用していた。

 野洲市によると、栢木進市長(64)は4月2日と23日に市立病院の事業管理者として、病院長らとともに医療従事者枠で接種。4月2日に接種した事実を公表した。

 湖南市では医師でもある生田邦夫市長(73)が4月22日に、自身が経営する病院で医療従事者向けワクチンのキャンセル分を接種した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 東京で562人感染、2人死亡 (6/25)

     東京都は25日、新型コロナウイルスの感染者が562人報告されたと発表した。3日連続で前週の同じ曜日から100人以上増加した。直近7日間を平均した1日当たりの人数は455・1人で、前週比117%。80...

  • コロナで副業?確定申告が増加 (6/25)

     国税庁は25日、20年分の個人の確定申告状況を発表した。人数は19年に比べ2・1%増の2249万人。近年はほぼ横ばいで、増えた理由を「新型コロナウイルス禍を受け、副業を始めた人が一定数いるとみられる...

  • イスラエルで感染再拡大 (6/25)

     【エルサレム共同】世界有数の速さで新型コロナウイルスワクチンを接種し感染者数を減少させたイスラエルで、感染が再拡大している。変異株が多くを占め、新規感染者の半数近くがワクチン接種を受けた市民。保健省...

  • 「コロナ予防」と販売、根拠なし (6/25)

     消費者庁は25日までに、新型コロナウイルスの予防効果をうたい、サプリメントなどの健康食品をインターネットで販売する43社に対し、「表示の根拠がない」として改善を要請した。景品表示法や健康増進法に違反...

  • 職場接種申請、一時停止へ (6/25)

     政府は25日、新型コロナウイルスワクチン職場接種の申請受け付けを午後5時で一時停止する。企業・大学による要望が殺到し、使用する米モデルナ製の輸入ペースが追い付かないための措置。河野太郎行政改革担当相...