ニュース

沖縄県、緊急宣言要請を検討 大型連休後に感染拡大

2021/5/17 18:24
 沖縄県庁

 沖縄県庁

 沖縄県は17日、大型連休後に新型コロナウイルスの感染が急拡大したことを受け、政府に緊急事態宣言の対象地域に追加するよう要請する検討を始めた。医療専門家らの意見を踏まえ、18日に対策本部を開いて協議する。照屋義実副知事が経済団体とのオンライン会議で明らかにした。

 照屋氏は「療養者数が急激に増加し、16日時点で過去最多を更新した。県の医療提供体制は厳しい状況だ」と危機感を強調。既に「まん延防止等重点措置」の対象とした16市町の飲食店に、酒類提供を終日自粛するよう求めることを検討する考えも示した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 高齢者施設、検査半数止まり (6/20)

     新型コロナ感染防止策として菅義偉首相が打ち出した高齢者施設で働く職員らへの集中的なPCR検査で、4月以降に検査を受けた施設が約半数にとどまっていることが20日、厚生労働省の調査で分かった。4割は申し...

  • 12歳以上「夏休み中に接種を」 コロナワクチン巡り行革相 (6/20)

     河野太郎行政改革担当相は20日の日本テレビ番組で、12歳以上の児童、生徒への新型コロナウイルスワクチン接種について「子どもたちや学生には夏休み中に打ってもらいたい」と述べた。ワクチンは米ファイザー製...

  • ブラジルの感染死者50万人超 (6/20)

     【サンパウロ共同】ブラジル保健省によると、新型コロナウイルスによる同国の死者が19日、50万800人となった。米ジョンズ・ホプキンズ大によると、50万人を超えたのは米国に次ぎ2カ国目。感染者は約18...

  • 緊急宣言解除へ、飲食店安堵 (6/19)

     新型コロナの緊急事態宣言が20日の期限で解除されることになり、酒類提供などの制限が一部緩和される地域の繁華街では19日、政府の決定後、初の土曜日の夜を迎えた。飲食店経営者は「ようやく営業再開できる」...

  • 主要企業の97%、職場接種へ (6/19)

     新型コロナウイルスワクチンの職場接種に関し、主要116社のうち、97%に当たる112社が実施する意向であることが19日、共同通信のアンケートで分かった。対象は少なくとも計約200万人。59%(69社...