ニュース

架空情報でも接種予約可能 会場で本人確認

2021/5/17 21:38

 自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの予約で、実在しない市区町村コードや接種券番号を使っても可能になっていることが17日、政府関係者への取材で分かった。

 会場では、地元自治体から配布された接種券や予診票、本人確認のための身分証明書を示す必要があり、架空情報で予約しても接種は受けられない。いたずらで予約し実際に接種を受けなければ、ワクチンが無駄になってしまう恐れもあり、防衛省は正確な情報の入力を徹底するよう呼び掛ける考えだ。システムの改修作業は考えていないという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 米仏ワクチン供給で連携 (6/13)

     【コーンウォール共同】バイデン米大統領は12日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)出席のために訪れている英南西部コーンウォールで、フランスのマクロン大統領、イタリアのドラギ首相と相次いで就任後初の直...

  • ゲーム見本市、オンラインで開幕 (6/13)

     【ニューヨーク共同】世界最大級のゲーム見本市「E3」が12日、オンラインイベントとして開幕した。例年は米ロサンゼルスで開催しているが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、各企業がポータルサイト上で動...

  • 首相、保健強化貢献へ決意 (6/13)

     【コーンウォール共同】菅義偉首相は12日、英コーンウォールでの先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、世界の保健システムの強化に日本として貢献する決意を打ち出した。12月に「東京栄養サミット」を開催し...

  • メッカへの大巡礼、ことしも制限 (6/12)

     【カイロ共同】サウジアラビア巡礼省は12日、7月に始まるイスラム教最大の聖地、西部メッカへの大巡礼(ハッジ)について、新型コロナウイルス対策のため、参加者は外国籍を含む国内居住者に限定すると明らかに...

  • コロナも郵便投票対象、6割賛意 (6/12)

     重度の身体障害者らに限定されている郵便投票の対象を拡大し、コロナ患者を加えることについて、共同通信が12日までに全国の都道府県選挙管理委員会に尋ねたところ、6割弱の27が明確に賛意を示した。 自宅や...