ニュース

NY株続落、164ドル安 インフレ懸念でリスク回避

2021/5/20 5:34

 【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比164・62ドル安の3万3896・04ドルで取引を終えた。米景気回復に伴うインフレへの懸念が引き続き強く、リスク回避の売りが優勢となった。

 大規模な金融緩和を追い風に投資マネーが流れ込んでいた代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインの価格が急落したことも、株式相場の先行きへの不安につながった。ダウの下げ幅は一時580ドルを超えた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も小幅続落し、3・90ポイント安の1万3299・74。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東芝、社外取締役2人退任 (6/14)

     東芝は13日、昨年7月の定時株主総会の運営に問題があったと結論付けた外部弁護士の調査報告書を受け「責任の所在を明確化する」との見解を示し、今月25日の定時総会に諮る取締役選任案を変更すると発表。当初...

  • 東京株式 14日13時     (6/14)

    <225種>          29111円94銭      前日比 +163円21銭  <TOPIX>         1959.10        前日比 +05.08    

  • 為替相場  14日(日本時間13時) (6/14)

    13時現在           1ドル=             109円77銭〜          109円81銭    前日比  −0円34銭   1ユーロ=            132円81銭...

  • 銀行・証券の情報共有を規制緩和 (6/14)

     金融庁は14日、有識者を交えた審議会を開き、同一グループ内の銀行と証券が顧客企業の情報を共有する際の規制を緩和する案を示した。主に上場企業を対象に、顧客の同意がなくても情報を共有できるようにする。融...

  • 東証、午前終値2万9109円 (6/14)

     週明け14日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。前週末の米国株高を好感した買い注文が先行した。上げ幅は一時250円を超えた。 午前終値は前週末終値比160円79銭高の2万9109...